BEAUTY

冬は乾燥による肌荒れに注意!起こりやすい症状と対処法

冬はクリスマスやバレンタインデーなどのイベントが多く、美肌をキープしたい季節。ところが、乾燥や血行不良で肌荒れを起こす人も多いです。ここでは、冬の肌荒れの症状や対処法、肌荒れ対策におすすめの食べ物やスキンケアアイテムをご紹介します。

 

冬の肌は乾燥しやすい?

冬の乾燥に悩む女性

秋から冬に向かう季節は少しずつ気温や湿度が低下し、皮脂や汗の分泌量が減少します。これらが減ると、皮脂膜が十分に作られなくなり、目元や口元、頬などがカサカサすることが多いです。

さらに、本格的な冬になると、暖房や電気毛布などが使われて室内の湿度が低下し、乾燥が進みます。肌が乾燥すると、外部の刺激から肌を守ったり、水分の蒸発を防いだりするバリア機能が低下し、肌荒れが起こりやすくなるでしょう。

 

冬に起こりやすい肌荒れの症状とは?

 

冬に起こりやすい肌荒れの症状【1】ニキビ

ニキビに悩む女性

「ニキビは皮脂や汗が増えたり、花粉が飛んだりする春夏にできるもの」というイメージがありますが、冬のニキビに悩む人も少なくありません。乾燥で肌の表面にある角層の潤いが減ると、水分量が減った角層が積み重なって毛穴が塞がり、ニキビが作られます。

また、冬は気温の変化でストレスを感じたり、寒さで睡眠不足になったりしてニキビや肌荒れが起こることもあります。

 

冬に起こりやすい肌荒れの症状【2】乾皮症

女性の手

冬の乾燥肌が進行すると、手がカサカサしたり、かかとがひび割れたりする乾皮症になります。乾皮症を放置すると乾燥性皮膚炎(皮脂欠乏性湿疹)と呼ばれるようになり、ブツブツや水ぶくれができたり、酷いかゆみを感じたりします。

 

冬に起こりやすい肌荒れの症状【3】シワ・たるみ・シミ・くすみ・クマ

冬の肌荒れに悩む女性

冬に寒さを感じると、血行不良になります。血液の循環が妨げられると、老廃物が溜まり、肌の隅々まで栄養素や酸素が届けられなくなるので、ターンオーバーのリズムが乱れます。

ターンオーバーの乱れは深刻な肌トラブルの原因。ターンオーバーが正常に行われず、古い細胞が肌に残れば、シワやたるみ、シミ、くすみ、クマなどさまざまな肌荒れの症状が引き起こされます。

また、血行不良になると、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少し、肌の潤いをキープするセラミドの合成も妨げられます。

 

冬の肌荒れ対処法をチェック!

 

冬の肌荒れ対処法【1】保湿

冬の肌荒れは乾燥によって起こるものが多いです。乾燥肌になっていると感じたら、徹底的に保湿してバリア機能を高め、肌荒れの解消を目指しましょう。

■保湿力が高いスキンケアアイテムを使う
化粧水や乳液などのスキンケアアイテムは、春・夏・秋よりも保湿力の高いものを選びましょう。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれたアイテムを使うと、乾燥ニキビなどの肌荒れを予防できます。

■目元や口元には部分用クリームを塗る
目元や口元は乾燥で肌荒れしやすいパーツ。赤みやカサつきなどのトラブルが起こりやすいので、部分用の保湿クリームで徹底的にケアしましょう。

■メイクも保湿力の高いアイテムで
化粧下地やファンデーションも潤い成分が配合されたアイテムを使ってください。保湿力が足りないと感じたら、保湿オイルを加えて使用するのがおすすめです。

 

冬の肌荒れ対処法【2】血行促進

冬に体が冷えると、血行が悪くなって肌荒れが起こります。冬は温かい飲み物や保温力の高い下着などを使って冷えを予防し、血液を循環させましょう。

顔の肌荒れが気になっている場合は、ホットタオルで肌を温めるのも良いでしょう。スキンケアの前に30秒から1分程度ホットタオルをのせておくと、血行が良くなってくすみやクマが緩和されます。

 

冬の肌荒れ対処法【3】生活習慣

冬の肌荒れを治すためには、生活習慣の見直しも必要です。

■洗いすぎない
ニキビやくすみなどの肌トラブルが気になってもゴシゴシと肌を擦ったり、一日2回以上顔を洗ったりするのは避けましょう。洗顔しすぎると、必要な皮脂が奪われて乾燥肌が進行し、さらに肌荒れしやすくなります。

手がカサカサしている時は手洗いにも気を付けましょう。冬はインフルエンザやノロウイルスの予防のために頻繁に手を洗う人が多いですが、洗いすぎると肌荒れに繋がります。冬の手洗いは殺菌成分と潤い成分が含まれたハンドソープや固形石鹸で優しく洗うのがおすすめです。

■部屋を加湿する
乾燥による肌荒れを防ぐためには、室内の湿度を60%程度に保つのがベストです。冬は空気が乾燥しやすいので、加湿器や濡れタオルなどを使って湿度を上げましょう。

■湯船に浸かる
シャワーだけで入浴を済ませると、体が冷えたり、必要な皮脂が洗い流されたりします。冬はお風呂に入って体を温め、肌荒れを予防しましょう。

ただし、熱いお湯に浸かるのはNG。42度程度のお湯に触れると、肌が乾燥したり、かゆみを感じたりするので、40度程度のぬるま湯に浸かってください。

■かゆみには薬で対応
肌をかきむしると、傷から雑菌が侵入して肌が炎症したり、ターンオーバーが乱れたりします。冬の肌荒れによるかゆみには、市販薬や皮膚科の処方薬で対処し、かきむしらないように優しくケアしてください。

 

冬の肌荒れにおすすめの食べ物

冬の肌荒れを緩和したいなら、肌に良い栄養を摂りましょう。冬の肌荒れ対策におすすめの食べ物をご紹介します。

■緑黄色野菜
ニンジンやカボチャに含まれるビタミンAは皮脂腺の機能を解消し、肌に潤いを与える働きがあります。冬はスープなどにして食べると、体が温まるでしょう。

■肉や魚
肉や魚には、健康的な肌を作るタンパク質や乾燥ケアに役立つ必須脂肪酸、ターンオーバーを整えるビタミンB群が豊富です。

■アーモンドやピーナッツ
血行を促し、ターンオーバーを活発化させるビタミンEが含まれています。おやつなどに食べると、できてしまったニキビやブツブツなどが緩和されて肌荒れが目立たなくなるでしょう。

 

冬の肌荒れ対策におすすめの化粧水▶IPSA(イプサ) ザ・タイムRアクア

独自の保湿成分を含んだデパコスの化粧水。肌の表面に潤いを抱えた水の層を作り、乾燥状態に応じて水分を与えます。使い続けていれば、冬でもキメの整った美肌を目指せるでしょう。肌荒れやニキビの予防に役立つ有効成分も配合されています。

IPSA(イプサ) ザ・タイムRアクア

¥4,400

販売サイトをチェック
 

冬の肌荒れ対策におすすめの乳液▶MINON(ミノン) アミノモイスト モイストチャージ ミルク

乾燥でごわついた角質層にしっかりと浸透して潤いを守る冬におすすめのプチプラ乳液。伸びが良く、ベタつかないので、朝のメイク前にも使いやすいです。乾燥による酷い肌荒れに悩んでいる人はクリームをプラスしましょう。


冬は肌が荒れやすい季節。乾燥したり、血行不良になったりして、ニキビやカサつき、シワなどのトラブルが起こりやすいです。肌荒れに悩む人は、冬に合ったスキンケアや生活習慣の見直しで美肌を目指しましょう。