LIFE STYLE

肌のシワにはこれ!肌悩みに効くおすすめ美容家電を厳選

年齢を重ねるごとに増えていく「シワ」。シワが多いと年齢よりも老けて見られる原因になりますので、無くしたいけれどどうすればよいか分からないと悩んでいる人も多くいます。そこで、シワができてしまう原因、予防する方法などを確認していきましょう。シワで悩む方へおすすめの美容家電をご紹介します。お家で美容家電を使って肌悩みを解決していきましょう。

 

肌悩み「シワ」の原因は?

ほうれい線を気にする女性

肌にシワができてしまうのは、皮膚の下に存在する真皮層という細胞が作る構造物が劣化することで、肌の弾力が低下することや傷ついてしまうことが原因と考えられています。

肌の表皮層と真皮層の間には基底膜がありますが、この基底膜と真皮層にはそれぞれ異なったコラーゲンが存在して、ベッドのスプリングのような構造で肌を支えている状態です。しかし、コラーゲンを作る機能と分解される機能のバランスが崩れてしまうと、コラーゲンが減少してスプリングのような機能を果たせなくなり、シワができてしまうのです。

このコラーゲンの構造を低下させてしまう理由にはいろいろ考えられますが、年を重ねればだんだんと肌の弾力は低下していきますし、紫外線などを浴びれば肌は乾燥して傷ついてしまいます。そこで、肌にシワができる原因には何があるのかを確認しておきましょう。

 

シワの原因①加齢

40代を過ぎると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など肌の潤いに欠かすことができない成分は減少していきます。

特にコラーゲンやエラスチンは減少するだけでなく変質していきますので、紫外線などが影響することでさらにコラーゲンやエラスチンに悪影響を及ぼすこととなってしまい、肌にシワを作ってしまいます。

また、顔の筋肉を使わなくなれば筋肉も老化していきますので、ほうれい線など深いシワが刻まれる原因になるとも考えられます。頬のたるみは靭帯のゆるみの方が筋肉の老化よりも影響が大きいとも考えられていますので、顔の筋肉を意識して使うようにすることも必要です。

 

シワの原因②乾燥

ハリと弾力があり潤った肌であれば、メイクのノリがよくて、透明感のある印象を与えることができます。しかし、乾燥して弾力を失った肌の場合、メイクをしてもノリが悪く、むしろスキンケアやメイクを行う時の摩擦や表情の変化で、肌にヨレが生じてしまいます。
繰り返されたヨレがシワとなって残ってしまい、そのまま放置していれば肌の奥深くまで刻まれてしまうことになるでしょう。

肌が乾燥する原因は様々ですが、その1つに紫外線が挙げられます。紫外線は肌を乾燥させてシワを作るだけでなく、糖化や酸化にも関係しますので、肌のくすみやたるみの原因にもなる厄介者です。

糖化とは、例えばホットケーキを焼いた時にできるこげ色は、小麦粉や砂糖、卵や牛乳に含まれる糖質とタンパク質が加熱されてできたものです。肌も同じような現象が起こっていると考えてみてください。

酸化は、簡単に考えるとさび付いた状態のことです。金属にさびが出た状態をイメージし、同じ現象が肌でも起きていると考えるとわかりやすいでしょう。

 

シワの原因③女性ホルモンの減少

肌の弾力を保つための水分やコラーゲンなどを増やす女性ホルモン「エストロゲン」。肌の若さを維持するためには必要不可欠の女性ホルモンと言えますが、このエストロゲンは卵巣から分泌されます。

しかし、30歳代後半になると卵巣機能は衰え始めますので、分泌されるエストロゲンの量もだんだんと少なくなってしまいます。閉経を迎える前後には更年期となり、急激にエストロゲンが減少して、いろいろな肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

主な肌トラブルとして挙げられるのが、シワ、シミ、たるみですが、シワはエストロゲンの減少によりコラーゲンやエラスチンの弾力性と量が低下することで発生します。

 

肌のシワの対策は?

肌をおさえる女性

なぜ肌にシワができてしまうのか確認できたところで、次はできてしまったシワを少しでも少なくするためにできる対策を確認していきましょう。シワができる原因は、肌が潤いを失い乾燥した状態であることが大きく関係しますので、肌の乾燥を防ぐための対策が必要です。

 

シワの対策①肌の保湿

しっかりと顔の脂を洗い落としたいからと、熱すぎるお湯で洗顔するのは危険です。お湯の温度が高すぎる場合、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。皮脂は多すぎると肌トラブルの原因になりますが、天然の保湿剤として肌を守る役割もあるため、奪い過ぎてもいけません。そのため、洗顔の時には少しぬるめのお湯を使うようにしてください。

また、洗顔後はしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。たっぷりと化粧水をコットンに含ませたら、顔全体を潤わせた後で気になる部分に5分程度パックするように置いておきましょう。

特に乾燥しやすい口元などには、セラミドやヒアルロン酸などが含まれた化粧水や乳液などで保湿することが大切です。

 

シワの対策②紫外線対策

日差しを避ける女性

太陽光線の1つである紫外線は、肌にとって百害あって一利なしとも言われるものです。肌トラブルのほとんどに関係するほど影響が強く、日やけやシミ以外に炎症や肌老化を加速させるなど、良いことは1つもありません。

紫外線は降り注ぐ量や強弱に違いはありますが、1年を通して関係しますので、たとえ曇りの日でも紫外線を防止するように心がけてください。

使用する化粧品は、紫外線防止効果が期待できるものを選び、汗をかいた時やある程度時間が経った時には化粧直しで塗り替えることも必要です。日傘をさしたり紫外線を防止できる衣料を着用したりなど、紫外線から肌をできるだけ守る意識を高めていくようにしましょう。

 

肌のシワには美容家電を!

肌ケアを行う女性

肌にシワを作ってしまう原因は、真皮層のコラーゲンが低下してしまうことと考えられています。そのため、働きが低下した真皮層を復活させればシワをなくすことに繋がるはずです。

そこで、真皮層に刺激を与えてコラーゲンを活性化させるために、美容家電の微弱な電流や音波振動などを利用して、必要な美容成分を肌の奥深くまで浸透させていきましょう。

 

美容家電の魅力

肌の悩みやトラブルを解消するために、化粧水や美容液などの美容成分を肌表面に塗るだけでなく、肌の奥深くまで浸透させることはできないものだろうかと感じる人もいるでしょう。そのような不満を解消してくれるのが美容家電で、イオン導入、超音波、スチームなど種類も豊富です。

美容家電は医療機器ではありませんので、期待できる効果は緩やかですし、肌の構造の変化を元に戻すことはできないかもしれません。しかし、肌を良い状態へ導くことには期待ができますので、シワを今以上増やさないためにも有効です。

 

肌のシワ対策になる美容家電の選び方

肌のシワが増えて、スキンケアなどに注意しても消えにくくなってしまうのは、肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少してしまうことが関係します。

肌の潤いを取り戻すために、しっかり肌の奥深くまで美容成分を届けることができる美容家電を選びましょう。長期に渡って肌の乾燥を防いで保湿を行うケアを行うために、使いやすさなども確認しておくと安心です。

 

肌のシワにおすすめの美容家電

美顔器の画像

シワを解消するために役立つ美容家電にはいろいろな種類があります。それぞれの特徴を確認して、自分に一番合うものを選ぶようにしましょう。

 

シワにおすすめの美容家電①本格派のリフトアップ美顔器を使いたいなら

美や健康を追求し続ける「ライザップ」と「健康コーポレーション」のコラボによって開発された本格派リフトアップ美顔器「エステナード リフティ」。

肌を温めながら表情筋を鍛えてくれますので、リフトアップしながらシワを少しずつ薄くすることができます。シワやたるみが気になる人なら一度は使ってみたい美容家電といえるでしょう。

エステナード リフティ<まとめ買いコース>

¥30,456

販売サイトをチェック
 

シワにおすすめの美容家電②自宅でエステサロン並みの肌ケアをしたいなら

自宅でエステサロン並みの最新技術を用いた肌ケアを可能とするのが「ララルーチュ RF」です。中でも採用されているポレーション技術は、これまでは困難だといわれていたコラーゲンやヒアルロン酸など高分子成分を、独自の電気パルスを用いて角質層の奥まで浸透させてくれます。

肌への温熱で美容成分の浸透を促しながら、コラーゲン生成細胞の活性化をし、さらに電気的な信号で筋肉運動を促して肌をキュッと引き締めてくれるなど、肌ケアに欠かすことができない性能がそろっている美容家電です。

ララルーチュ RF

¥32,400

販売サイトをチェック
 

シワにおすすめの美容家電③イオンの力で乾燥肌を改善させたいなら

超音波で肌に振動を与えながら温め、温まった肌にイオン導出力を使って余分な汚れを落としながら保湿するという、乾燥対策に使ってみたい美容家電が「ツインエレナイザーPRO2」です。

シワは乾燥がひどくなればひどくなるほど増えますので、ツインエレナイザーPRO2を使えばコラーゲンとビタミンC誘導体対策が可能になります。

ツインエレナイザーPRO2 ホームエステDXセット2

¥27,000

販売サイトをチェック
 

シワにおすすめの美容家電④ほうれい線など深いシワが気になるなら

日常生活を送る上での肌乾燥や年齢肌によるシワに対して、コラーゲンや肌再生のヒト幹細胞培養液などの美容成分でケアできるのが「Re;Born+(リボーンプラス)」です。たるみ解消やほうれい線など、深くできてしまったシワを薄くすることも期待できます。

Re;Born+(リボーンプラス) 便利でお得な定期購入コース

¥105,840

販売サイトをチェック
 

シワにおすすめの美容家電⑤レーザーで美容成分の生成を促す

フラクショナルレーザーを用いながら、目に見えない小さな穴を肌に開けて、肌の新陳代謝を促すのが「トリア・スキンエイジングケアレーザー」です。穴を開けるというと驚いてしまうかもしれませんが、このレーザーを使うことでコラーゲンやエラスチンなど、肌に欠かすことができない美容成分の生成を促し、肌のターンオーバーを正しく整えることが期待できるようになります。

シワ以外にも、シミやたるみ、ニキビ跡など、様々な肌悩みに効果がある優れモノです。しっかり肌を保湿して乾燥対策を行うことができます。

トリア・スキンエイジングケアレーザー

¥64,800

販売サイトをチェック

年齢を重ねていくことで、知らない間にシワができていたことにショックを受けてしまう女性は少なくありません。毎日肌ケアは行っているのに……と思っていても、そのケアが十分でなければ肌を乾燥させてシワを増やしてしまう可能性があります。肌にシワができてしまうのは、肌の奥の真皮層のコラーゲンの生産と分解のバランスが崩れてしまうからです。若々しいシワのない潤いのある肌を保つためには、しっかりと肌の奥まで美容成分を送り届け、原因となっているコラーゲン不足にアプローチすることが大切です。
化粧水や乳液などを手で肌にパッティングするだけでは、美容成分を浸透させることに限界がありますので、シワができない状態をキープするためにも美容家電を活用することも検討してみましょう。