BEAUTY

その肌荒れはマスクが原因かも?お肌に優しいマスク選びとは

花粉やウイルスなど、空気中には人間に悪影響を与える要素が多いので、日ごろからマスクを使用している人も多いはず。しかしマスクを日常的に使っている中で、お肌に異常を感じる女性も増えています。そのままにしておくと肌荒れにもつながるので、何らかの対処が必要になります。そこでこの記事では、マスクによる肌荒れの原因や、対処方法などをご紹介します。

 

マスクによる肌荒れの原因とは?

マスク 女性

近年では街中でマスクをしている女性も多く、日常生活においても必需品になりつつあります。しかしマスクの使用は良いことばかりでなく、ニキビなどの肌トラブルに見舞われるケースも増えてきました。

では、マスクによる肌荒れとは何が原因で起こるのでしょうか。

■マスクの素材
マスクの素材にはガーゼと不織布の二つのタイプがあり、最も多く流通されているのが後者の不織布です。不織布はウイルスや花粉などを寄せ付けない強いフィルター力がありますが、摩擦によるお肌への負担が大きく、肌荒れを起こしやすい原因と考えられています。

■蒸れ
マスクの装着は呼吸で蒸れてしまい、雑菌の繁殖で肌荒れを起こすことも。特にニキビなどは皮脂や雑菌の結合によるものなので、マスクは悪影響になりやすいです。

■マスクを何度も使用している
多くの人が活用している不織布タイプのマスクですが、基本的に使い捨てを前提として作られているので、複数の使用には向いていません。何度も使い続けていると雑菌の温床になり、汗や汚れも付着しているので肌荒れを起こしやすくなります。

■抗菌剤
近年のマスクに多い抗菌剤の使用は、お肌にとって悪影響になることも。細菌などを寄せ付けないようにしてくれますが、体内の免疫力が働き、アレルギーとなって肌荒れを起こす危険性もあります。

 

肌荒れ対策で覚えておきたいマスクの選び方

マスクいろいろ

マスクは正しく選ぶことによって、肌荒れの対処にもなります。ここではそんなマスクの選び方に触れて、情報などをまとめていきます。

■マスクの素材
上記でも触れた通り、マスクにはガーゼと不織布の2種類の素材があります。人気の不織布タイプは使い切りがほとんどなので、衛生面でも優秀ですが、摩擦で肌荒れを起こす場合もあります。不織布による肌荒れが心配な方は、コットン素材を用いたガーゼタイプがお肌にも優しく負担が少ないです。

■フィット感
マスクはフィット感が弱いとマスクとしての機能が弱くなりますが、しっかりフィットしたものでも摩擦で肌荒れを起こしやすくなります。このため、マスクを装着したら鏡などでフィット感やつけ心地などもチェックしていきましょう。

 

マスクで肌荒れした際の対処法①スキンケアは丁寧に

スキンケアをしている女性

マスクは、素材やフィット感などを考えながら選ぶことで肌荒れの予防になりますが、お肌のトラブルが発生した場合はどのような対処法があるのかも見ていきましょう。

まず一つは日ごろのスキンケア。摩擦や雑菌などの影響で肌荒れを起こしているお肌は、敏感になっています。いつもの化粧品だと刺激を感じる恐れがあるので、敏感肌用の化粧品を用いて丁寧にスキンケアをするのが対処法の一つ。

お肌のトラブルを解消しつつ、保湿も行えるので肌荒れの悪化を防いでくれます。かぶれの場合はワセリンを活用してみるのも効果的です。

 

マスクで肌荒れした際の対処法②ファンデーションの使用は控える

いろいろな色のファンデーションを使う女性

マスクによる肌荒れが起きた場合、できることならこれ以上の負担はお肌にはかけたくないもの。

特にメイクは毛穴を埋めてしまい、肌荒れの回復を阻害します。ファンデーションをつける際はお肌を摩擦してしまうので、肌荒れが悪化してしまうことも。

マスクによる肌トラブルが起きた際は、できるだけメイクは避けた方がいいですが、どうしても必要な場合はファンデーションではなくBBクリームなどを用いるのがいいでしょう。

 

マスクで肌荒れした際の対処法③マスクにガーゼを重ねる

重ねられたガーゼ

マスクの摩擦による肌荒れを起こしている場合は、不織布タイプを避けるのが好ましいです。代わりにガーゼタイプのマスクを使用するのがベストですが、不織布タイプにガーゼを挟んで使用するのもおすすめ。

しかし、ガーゼは湿気を吸収しやすいので湿りやすく、こまめな交換が必要になってきます。

 

マスクで肌荒れした際の対処法④大きめのマスクを活用する

大きめのマスク

小さいサイズのマスクはお肌との摩擦が生まれやすいので、肌荒れの原因となります。特に肌トラブルのある状態での小さなマスクは、肌荒れの悪化の恐れも出てきます。

そこで大きめのマスクを選んでおくのが、対処法の一つ。
お肌との摩擦も緩和されて、ニキビや肌荒れからの回復をしやすくしてくれます。ただし、大きいサイズのマスクはウイルスなどの予防効果が薄れるので、顔のサイズに合わせて選んでいきましょう。


デザインやカラー展開も豊富なマスクは、外出の際の必需品になりつつあります。しかし、正しく使わないと肌トラブルの温床になってしまい、せっかくのお肌の健康が台無しになってしまいます。マスクを使用する際は、清潔感やお肌との摩擦などに気を使い、日ごろから使い方にもしっかり注意していきましょう。