BEAUTY

頬がこける原因や対処法は?ふっくら頬を作るメイクも要チェック!

丸顔にコンプレックスを感じている人がいる一方、頬がこけていることに悩んでいる人も意外と多いのではないでしょうか。加齢などによって頬がこけると老けてみえたり、疲れて見えたり……。そこで今回は、頬がこける原因や対策、メイクで頬のこけをカバーする方法などをまとめてご紹介します。

 

頬がこける原因は?

女性の頬

そもそも頬がこけてしまう原因は何なのでしょうか。一番に思い浮かぶのが加齢ですが、それ以外にも色々と原因がありますよ。

■痩せすぎ

10代や20代に多いのが、間違ったダイエットで頬がこけてしまうパターン。過度な食事制限でダイエットすると、頬や胸など、生命維持に必要のない脂肪から落ちてしまいます。
痩せすぎて頬がこけてしまった場合は、ダイエットをやめれば解消することもありますよ。

■疲労やストレス

食事は摂っているのに頬がこける場合は、ストレスや疲労の可能性もあります。ストレスや疲労によって頬がこけると、見た目も病的な印象になってしまいます。

■表情筋の衰え

無表情になりやすい人は、表情筋が衰えがち。表情筋が衰えると、頬がこけたり皮膚がたるみやすくなってしまいます。加齢によって頬がこけるのも表情筋の衰えが原因のひとつ。

■​​​姿勢が悪い

下を向きながらパソコンやスマホを長時間使っていると、どうしても下方向に力がかかり顔がたるみやすくなってしまいます。また、頬杖をつく癖がある人も要注意。長く頬杖をついていると、その部分がくぼみやすくなってしまいます。

 

頬がこける対策法は?

鏡を見る女性

頬がこけてしまっても、日ごろの意識を少し変えると解消する可能性もあります。

■笑顔で過ごす

毎日意識的に笑顔で過ごすと、自然と顔の筋肉が鍛えられて若々しい表情に。表情筋のトレーニングを行うのも効果的です。

■スキンケアで肌の弾力を取り戻す

どうしても年齢を重ねると肌の弾力が失われてしまいます。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、ハリを保ってくれるような成分が配合されたスキンケアアイテムを使ってエイジングケアしてみてはいかがでしょうか。

■メイクでカバーする

頬がこけてしまった場合、メイクでカバーする方法もありますよ。メイクの仕方次第で頬のこけが目立ってしまうこともあるので、この機会に研究してみてくださいね。

 

メイクで頬のこけをカバーする方法【1】チークで頬をふんわり仕上げる

チークを塗る女性

頬のこけをメイクでカバーするには、チークが必須。

顔色が悪く見えると、さらに頬のこけが目立ち、老け見えの原因になってしまいます。明るめのピンクなど、華やかなチークカラーを選んでふんわり丸い頬を目指しましょう。

イエローベースの方はコーラルピンクやピーチピンク、ブルーベースの方はローズピンクやホットピンクを選ぶと肌の色にマッチし、顔色が良く見えますよ。

チークは、頬の一番高い位置にやや横長に入れるのがおすすめ。付けすぎないように、ブラシを一度手の甲で馴染ませるのがポイントです。

 

頬のこけをカバーするおすすめのプチプラチーク

CEZANNE(セザンヌ)のナチュラル チークNは、プチプラなのに発色が良い!と評判。頬のこけも自然にカバーできますよ。

カラーのバリエーションが豊富なので、きっとお気に入りが見つかるでしょう。

 

頬のこけをカバーするおすすめのデパコスチーク

SUQQU(スック)のピュア カラー ブラッシュは、チークカラーとコントロールカラーの二色を混ぜて使います。
メイクに合わせて混ぜる分量を変えるのがおすすめ。

コントロールカラーでチークの境目を馴染ませれば、頬のこけも目立ちにくく、自然な血色感をプラスすることができます。

SUQQU(スック) ピュア カラー ブラッシュ

¥5,940

販売サイトをチェック
 

メイクで頬のこけをカバーする方法【2】ハイライトでハリ感をプラス

ハイライトを塗る女性

頬のこけをカバーするためには、チーク同様ハイライトも重要です。

目の左右のくぼみや、目の下、ほうれい線にハイライトを入れることで、ハリのある肌に見せることができます。ほうれい線と垂直に、猫のヒゲのようにハイライトを入れるのもおすすめ。

頬の一番高い場所にハイライトを入れがちですが、その場合、さらに頬のこけが目立ってしまうのでNG。

 

頬のこけをカバーするおすすめのハイライト

パールやラメの強すぎるハイライトは、顔にメリハリがプラスされ、頬のこけや凹凸感が目立ってしまうので注意が必要。

LAURA MERCIER(ローラ メルシエ)のマットラディアンス ベイクドパウダーは、繊細なパール入りなのでナチュラルなツヤを楽しめますよ。パウダーの粒子が細かく、肌にピタッと密着するのも綺麗に仕上がるポイントです。

LAURA MERCIER(ローラ メルシエ) マットラディアンス ベイクドパウダー

¥5,184

販売サイトをチェック
 

メイクで頬のこけをカバーする方法【3】下地でトーンアップさせる

頬に下地を塗った女性

頬のこけは顔色を悪く見せてしまうので、下地でトーンアップを目指しましょう。

肌悩みに合わせてコントロールカラーを使うと簡単に肌が明るく見えますよ。
血色感をプラスしてくれるピンク、透明感を出してくれるブルー、くすみをカバーしてくれるイエローなど、自分の肌に合わせて色を選んでくださいね。

 

頬のこけをカバーするおすすめのプチプラ下地

無印良品のUVベースコントロールカラーは、色素薄い系のメイクを叶えてくれると評判。プチプラなのでコントロールカラー初心者さんもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

シミや色ムラなどをカバーし、均等な肌を作れば、頬のこけによる不健康さも目立ちません。

無印良品 UVベースコントロールカラー

¥950

販売サイトをチェック
 

頬のこけをカバーするおすすめのデパコス下地

IPSA(イプサ)のコントロールベイスは、くすみのない透明感のある肌へ導いてくれます。

カラーは、ピンク、イエロー、ブルーの3色。疲れによる頬のこけが気になる方は、ピンクのコントロールべイスで血色の良い肌を作ってくださいね。

IPSA(イプサ) コントロールベイス(ピンク)

¥3,024

販売サイトをチェック

頬のこけの原因やメイクでカバーする方法をご紹介しました。一度頬がこけてしまうと元に戻すのは大変ですよね。メイクでごまかしつつ、日頃から表情筋を鍛えて頬のこけを解消しましょう。