BEAUTY

葛湯で体をポカポカに温めて代謝アップ!作り方やアレンジ方法を伝授

日本では昔からなじみがある葛湯。しかし飲んだことがある人は意外に少ないのでは?実は葛湯にはダイエットや健康に効果あり!どんな味?簡単に作れるの?など、今回は葛湯の作り方や飲み方アレンジなどもご紹介します。

 

葛湯とは?

葛湯のとろみ

葛湯とは、葛粉から作られた飲み物。とろみがあるのが特徴で、日本ではなんと8世紀ごろから飲まれてきた伝統的な飲み物。

原料の葛粉は「クズ」という植物の根を砕いてでんぷん質を取り出して作られたもの。クズの根は、風邪に効果がある漢方薬「葛根湯」の原料でもあり、解熱などの症状に効果を発揮します。

葛粉を水で溶いて、加熱して練りながらとろみを出して甘みを加えたのが葛湯。

葛粉を作る工程は非常に手間がかかることから、他の粉製品に比べて単価が高いのが特徴。葛粉のみで作られた「本葛」は非常に生産量が少なく、希少価値あり。お手頃価格の葛湯の素には、じゃがいもやさつまいものでんぷん質が使用されていることが多いです。

葛湯のカロリーは、商品により差がありますがだいたい1杯(150cc)で50kcalほど。フレーバータイプや甘みが強いものは、その分カロリーも高くなります。

 

葛湯の効果・効能

■ダイエット効果

葛湯には空腹感を和らげる効果があるので、ダイエット時に飲むと効果的。食前に1杯の葛湯を飲めば、満足感を得られます。また、葛湯のとろみで体がポカポカと温まり、血行を促進して代謝が上がる効果も。

おやつ代わりに葛湯を飲んで、余分なカロリー摂取を抑えるのもおすすめ。ほど良い甘みがあるので、おやつ感覚でも飲めます。

■胃腸を健康に

葛湯は胃腸に負担が少なく、普段から胃腸が弱い方や風邪の症状が胃腸に表れた時にもおすすめ。胃腸の調子が悪いと食欲もなくなりますが、そんな時も葛湯ならスルっと飲みやすく、さらに消化も良いので安心です。

また、葛湯は喉を潤す効果もあり。熱が出たり咳のせいで喉が渇く時も、葛湯を飲んで喉を潤してあげましょう。

■コレステロール吸収を抑える

葛湯に含まれている「植物ステロール」という栄養素には、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。

ご存知のようにコレステロールは、肥満を始め様々な病気の原因。葛湯で吸収を抑えれば、ダイエットにも健康にも効果的です。

 

葛湯の作り方

葛湯を自宅で作る時のポイントは、熱を加えながら根気よく練ること。とろみが出るまでしっかり練りましょう。

■材料(150cc分)

・葛粉  15g
・水   150cc
・お好みで砂糖、はちみつなどの甘味を適量加えてもOK

■作り方

1.まず最初に、葛粉を飲むカップにお湯を入れて温めておきます。

2.葛粉をボウルに入れて水で溶かします。

3.2.を鍋に入れて弱火にかけ、木べらなどで練ります。

4.とろみが出て色が透明になってきたら、お好みで甘味を加えます。

5.温めておいたカップに注ぎます。

 

葛湯の選び方【1】ダイエットには低カロリーのものを

葛湯でダイエットをするなら、低カロリーの商品を選ぶのがおすすめ。

そもそも葛湯は低カロリーですが、商品によっては甘味として高カロリーの原料が含まれていることもあるのでチェックが必要です。

 

葛湯の選び方【2】継続しやすいものを

ダイエットを始め様々な効果がある葛湯ですが、即効性があるわけではなく継続して飲むことがキーポイント。

幸い市販の葛湯には様々な種類があり、自分好みの商品を選ぶことができます。また、手作りして「今日は○味にしよう!」とアレンジを楽しむのも、継続に役立つでしょう。

 

葛湯の選び方【3】飲む状況に合うタイプを

市販の葛湯には個包装と大袋タイプがあります。

パパッと飲みたい時には個包装タイプがおすすめ。持ち歩きもできるので、職場で飲みたい時にも便利。計量するのが面倒臭いという方にぴったりです。

大袋タイプは、量を多めに飲みたいという方におすすめ。自分でアレンジして様々な味の葛湯を作るなど、バリエーションを楽しめます。個包装に比べて割安なのもメリットです。

 

おすすめの市販の葛湯【1】祇園藤村屋 京くず湯 白

京都にある祇園藤村屋は江戸時代創業の老舗の伝統食材店。熱湯を注ぐだけで出来上がるこちらの葛湯は、上品な味わいの上に無添加の人気商品。

葛湯独特の粘りがあり、なかなか冷めにくいのが特徴。寒い季節は、寝る前などにササッと手軽に飲んで体を温めるのもおすすめです。

祇園藤村屋 京くず湯 白

¥410

販売サイトをチェック
 

おすすめの市販の葛湯【2】桂花園 丁葛(ちょうくず)

葛の産地として有名な静岡県・掛川にある「桂花園」の、知る人ぞ知る葛湯。葛の根は昔、豆腐のように四角く固められて軒先に干され、1丁と数えられていたことから名付けられたのが「丁葛」です。

個包装の葛湯は味の種類が豊富で、生姜やゆずなどの定番の他にも、ココアやウコン、アロエ、コラーゲン、高麗人参、冬虫夏草など。お値段は1個100円~とリーズナブルなのも人気の理由です。

◆桂花園 丁葛(ちょうくず)
定価:100円~280円(税抜)

 

葛湯のアレンジ法

■みかん葛湯

基本の作り方に、みかん果汁、みかんの皮、生姜を入れて温めます。酸味がプラスされるので、甘ったるい葛湯が苦手な方におすすめです。

■抹茶葛湯

基本の作り方に抹茶を入れて混ぜるだけ。ほろ苦くて大人っぽい味になりますが、甘党の方は砂糖で味を調節できます。

■牛乳葛湯

牛乳と葛湯なんてまずいに決まってる!と決めつけるのは早いです。牛乳のほど良い甘さで、糖分を使わなくても優しい甘さの葛湯に。その味にハマる人も多いです。


葛湯には、健康的にダイエットできる効果あり!お湯を注ぐだけの簡単な商品もあるので、ぜひ今日から毎日の習慣に葛湯を取り入れて、効果を実感してください。