LIFE STYLE

経営者と結婚するメリット・デメリットは?出会う方法もご紹介!

経営者は組織の経営の責任を担う人。「経営者と結婚してお金持ちになりたい」などと考えている女性は多いでしょう。ここでは、経営者と結婚するメリットやデメリット、経営者との結婚に向いている女性、経営者と出会う方法などをご紹介します。

 

経営者ってどんな人?

経営者の男性と従業員

経営者は組織の経営の最高責任者。社長とほぼ同じ意味の言葉で使われます。

経営者というと大企業をまとめている人をイメージするかもしれませんが、組織の規模はさまざま。フリーランスや自営業、ベンチャー企業、中小企業でも経営の責任を担っている人は経営者です。

また、株主が社長を務めるオーナー経営者だけでなく、株主以外が社長のサラリーマン経営者、企業のトップを渡り歩くプロ経営者も経営者に含まれます。そのため、経営者の仕事内容や年収は人によって大きく違います。

 

経営者と結婚するメリットとは?

 

経営者と結婚するメリット【1】金銭的に余裕がある

お金を持っている女性

経営者の年収は会社の規模や経済状況によって違いますが、ある程度の規模の会社の経営者であれば、年収は数千万円に達していることが多いです。小さな企業でも経営者の平均年収は1,000万円前後で日本の平均年収の2倍以上収入がある人が目立ちます。

経営者と結婚すると、高級マンションや豪邸に住み、ハイブランドのアイテムを身に付けてやりたいことを自由にできる夢のような結婚生活が待っているかもしれません。

 

経営者と結婚するメリット【2】社長夫人になれる

女性にキスする男性

経営者と結婚すると「社長夫人」というステータスを手に入れられるのもメリット。経営者の奥さんは周りの人から羨ましがられることが多いため、優越感に浸れるでしょう。

また、経営者は妻を同伴してパーティーなどに出席する機会が多いです。業界の実力者や経営者、その奥さん、さまざまな業界のセレブなどとコミュニケーションを取ると、刺激を受けて充実した生活を送れるでしょう。

 

経営者と結婚するメリット【3】経営方法を間近で学べる

仕事をする男女

経営者と結婚すると、企業のお金の流れを間近で見られます。収益や人件費などのコストについて深い知識が身に付くのは大きなメリットでしょう。特に、「将来は自分も会社を経営したい」などと考えている女性には経営者と結婚するメリットが大きいです。

 

経営者と結婚するデメリットとは?

 

経営者と結婚するデメリット【1】急に収入が激減することがある

仕事の書類を見て落ち込む女性

経営者はサラリーマンや公務員のように給料制ではありません。会社の経営状況が順調な時は高収入を得られますが、業績が悪化すると、収入が大幅に減ります。

また、経営者でも他の経営陣と対立すると、会社を辞めることになる可能性もあります。社長から突然、失業者になり、収入がゼロになるリスクがあるのは経営者と結婚するデメリットでしょう。

さらに、中小企業の経営者は融資を受ける時に連帯保証人になっているケースが多いです。会社が経営破綻した場合、負債を背負い、自己破産して財産を奪われることもあるでしょう。

 

経営者と結婚するデメリット【2】価値観の違いに悩む

悩む女性

経営者と結婚すると、価値観の違いに悩む女性も多いです。

■家庭よりも仕事を優先する人が多い
経営者はバー経営者や中小企業の経営者などであっても大企業の経営者であっても仕事を大切にする人が多いです。忙しく、時間に余裕がない人も多いため、「休日は家族で過ごしたい」などと思っている女性は寂しいと感じるかもしれません。

■振り回される
経営者は自由な発想を持っている人が目立ちます。普段は冷静沈着でも時として大胆な行動に出る人が多いので、経営者の奥さんは振り回されることが少なくありません。「ギャンブルのような生活で疲れた」という声も聞かれます。

 

経営者と結婚するデメリット【3】浮気の心配がある

浮気がバレた夫と問い詰める妻

経営者の年収は人によって違いますが、「経営者はお金持ち」と思っている女性は多いです。そのため、経営者の男性はサラリーマンなどの男性と比べてモテると言われています。

常に女性が周りに寄ってきて、仕事で家に帰らないことも多ければ、「浮気されていないかな」などと不安になるでしょう。

 

経営者との結婚に向いている女性は?

仕事をする女性

経営者との結婚に向いているのはどんな女性なのでしょうか。

■経済的に自立している
経営者はお金持ちなイメージですが、会社を立ち上げてすぐのタイミングはお金に余裕がない人が多いです。また、新しい事業をスタートさせたときも安定した収入を見込めません。

高収入でも会社の状況によっては突然、収入が激減することもあるため、金銭面で夫を頼りすぎず、経済的に自立している女性が経営者との結婚に向いています。

■浮き沈みを理解できる
経営者はお金を持っていても一生、安定して収入を得られるという保証はありません。浮き沈みがあることを心得ていて会社の経営状況が不安定な時や収入が激減した時も夫を支えられる人が経営者との結婚に向いているでしょう。

 

経営者から好かれる女性とは?

仲良しなカップル

経営者と結婚するためには、経営者から好かれなければなりません。経営者の男性が魅力的に思う女性はどんな人なのでしょうか。

■依存や束縛をしない
経営者は常に考えるべきことが山ほどあります。会社が大変な時は彼女や奥さんにまで気が回らないことが多いため、あまり自分に依存しない女性を好む人が多いです。

また、経営者は多くの人と付き合い、交友関係を広げる必要があります。そのため、「束縛が激しすぎる人とは結婚できない」「浮気はしないけど、多少の自由は許して欲しい」という経営者の男性は多いです。

■外見も内面も綺麗
経営者はパーティーなどに妻を同伴することが少なくありません。妻がTPOをわきまえていなければ自分の評価も下がるため、外見が美しいのはもちろん、品格や教養、思いやりが合って気遣いできるパートナーを選ぶ経営者が多いでしょう。

 

結婚願望がある経営者と出会うには?

セミナーで会話をする人々

経営者と結婚したくても「出会いがない」と悩んでいる女性は珍しくないでしょう。経営者はモテるので、「いろんな女性と遊びたい」などと結婚願望がない人もいます。結婚願望がある経営者と出会うには、どうすればいいのでしょうか。

■セミナーや異業種交流会に参加する
経営者はセミナーや異業種交流会に参加していることが多いです。結婚願望のある経営者と出会いたい人は積極的にセミナーなどに参加し、コミュニケーションを取りましょう。

結婚願望のある経営者と出会えなかったとしても、参加しているエリートと交流して関係を築ければ、経営者を紹介してもらえるかもしれません。

■結婚相談所を利用する
サラリーマンなどの男性と比べて経営者と結婚するのは難しいと言われています。自力で経営者と付き合う自信がない人は理想の相手を見つけるサポートをしてくれる結婚相談所などを利用するのもおすすめです。


経営者は組織の経営の責任を負う人。年収や仕事内容は人によって違いますが、サラリーマンなどと比べて平均年収が高いです。「リスクはあっても玉の輿に乗りたい」などと思っている人は経営者との結婚を考えてみましょう。