LIFE STYLE

カッピングに期待できる効果とは?施術後の過ごし方や副作用もご紹介

カッピングは中国などで伝統的に行われてきた民間療法。血行促進や老廃物の排出に効果があると考えられています。ここでは、カッピングの効果や施術の流れ、副作用などについてご紹介します。

 

カッピングとは?

カッピングを受ける女性

カッピング(吸い玉)は、古くから西洋でも東洋でも行われてきた伝統的な民間療法。体にカップを付け、カップ中の空気を抜いて気圧を下げることで血行を促進させたり、老廃物の排出を促したりします。

■アスリートやセレブに人気
カッピングはリオデジャネイロオリンピックに出場したアスリートや海外セレブの間で流行中。最近は日本でも注目されていて、レスリングの伊調馨選手や元プロ野球選手の金本選手もメンテナンスのためにカッピングを行っているそうです。

■メディカルカッピングとは?
メディカルカッピングはカップ内の気圧を下げるだけでなく、針などで皮膚を切開し、瀉血を行う療法です。一般的なカッピングよりも効果が高いと考えられていて、一部のクリニックなどで施術を受けられます。

 

カッピングの効果を確認!

 

カッピングの効果【1】美肌

美肌の女性

カッピングは身体の深部にアプローチし、血液の循環を促す効果があると言われています。血行が良くなれば、栄養素や酸素が隅々まで運ばれて老廃物がスムーズに排出されるため、肌のターンオーバーが促されるでしょう。

ターンオーバーが促進されれば、肌荒れや乾燥などのトラブルが緩和されてシミやシワの予防にも繋がります。

 

カッピングの効果【2】健康

肩こりが改善した女性

カッピングは健康の維持にも効果的です。

■冷え性の緩和
血行が良くなれば、細胞の働きが活発化して熱が作り出されます。熱で体が温まると、女性に多い冷え性が緩和されるでしょう。冷え性が良くなれば、生理痛などのトラブルの緩和も目指せます。

■便秘の解消
お腹にカッピングの施術を受けると、腸の活動が活発化されて便秘の解消に効果があると言われています。また、腸には免疫細胞が集中しているため、定期的にカッピングをすると、免疫力の向上も期待できます。

■肩こりや痛みの緩和
肩こりなどの痛みは血行不良によって引き起こされます。カッピングで血行が良くなると、痛みが解消されて体がすっきりすることが多いです。

■ストレス発散・不眠解消
カッピングで心地よい刺激を感じると、自律神経のバランスが整って体がリラックス状態になります。リラックスすると、日々のストレスが発散されて深い睡眠を取れるでしょう。

 

カッピングの効果【3】ダイエット

ダイエットに成功した女性

カッピングで血行が良くなると、代謝が高まり、エネルギーが消費されやすくなります。エネルギーの消費量が増えれば、これまでと同じくらいの運動量や食事量でも痩せやすくなり、ダイエット効果が表れます。

また、カッピングで老廃物が排出されると、むくみが緩和されます。むくみがなくなれば、脚などがすっきりとして痩せて見えるでしょう。

 

カッピングがおすすめな人とは?

カッピング

・慢性的な肩こりや疲労に悩んでいる人
・綺麗になりたい人
・痩せたい人
・健康を維持したい人


カッピングは病気ではないのに体調がすぐれない人や美しくなりたい人に効果的です。体の痛みや肌荒れ、太りやすい体質などに悩んでいる人はカッピングの施術を受けてみると良いでしょう。

 

カッピングの施術の流れ

カッピングの施術はエステサロンや整体などで受けられます。細かい流れは施術を受ける場所によって違いますが、ここでは大まかな流れをご紹介します。

1.紙ショーツや紙ブラジャーに着替える
2.寝転んで体にカップをくっつけてもらう
3.カップ内の気圧を抜いてもらう


カッピングの施術にかかる時間は、問診と施術を合わせて30分~60分程度です。カップ内の気圧が下げられている間は肌が引っ張られているような刺激を感じますが、強い痛みはありません。

 

効果を高めるカッピング後の過ごし方とは?

水を飲む女性

カッピング後は次の点を意識して過ごしましょう。

■水分を多めに取る
カッピングの施術を受けると、血行が良くなります。水分を取るとさらに巡りが良くなるため、カッピングの効果を高められるでしょう。

■飲酒に注意する
カッピング後は血行が促進されているため、アルコールが循環しやすいです。普段は大丈夫な量のアルコールでも酔ってしまうことがあるので、飲酒には注意しましょう。

■激しい運動はNG
カッピング後は体がリラックス状態になっています。激しい運動をすると、気分が悪くなったり、怪我に繋がったりするため、施術を受けた日はウォーキングなどの軽い運動以外は避けましょう。

■お風呂はOK
カッピングの施術を受けた日もお風呂には入れます。ただし、カッピング後は痕ができるので、温泉などに行くのはやめた方が良いでしょう。

 

カッピング後にできる痕とは?

カッピング中はカップの下に血液が集まって毛細血管が破裂するため、カッピング後は肌にピンクや紫の痕ができます。

■痕の色で体の状態がわかる
カッピングの痕の色が濃いほど、体の状態が悪いと考えられています。痕がピンクや鮮やかな赤の場合、血液がサラサラで体調が良いですが、黒っぽい赤や紫の場合は血液がドロドロで体調がすぐれないでしょう。

例えば、肩こりに悩んでいる人が背中全体にカッピングの施術を受けた場合、肩甲骨の周辺は他の場所と比べて濃い色の痕が残ることが多いです。

■カッピングの痕は消える?
通常、カッピングの痕は3~5日程度で消えます。カッピングに慣れていない場合は、紫の痕が1週間~10日程度残ることがありますが、定期的なカッピングで効果が出ると、痕が薄くなり、消えるまでの期間も短くなります。

 

カッピングの副作用

眠気を感じる女性

カッピングは週に2~3回程度受けられる安全な施術ですが、次のような副作用には注意しましょう。

■体毛が濃くなる
カッピングで肌に刺激を与えると、体を守るために体毛が濃くなることがあります。背中は目が届きにくいため、ムダ毛が生えていないかを意識的に確認しておくのがおすすめです。

■強烈な眠気
カッピングは疲労回復効果があります。カッピング後は体がリラックスモードになって強い眠気を感じるので、車の運転や仕事の予定がある人は注意してください。

■肌荒れ
頻繁にカッピングをやりすぎると、肌が刺激を感じて炎症を起こすことがあります。毎日カッピングをしたり、長時間気圧を下げたカップを肌の上にくっつけたりするのは避けた方が無難です。

 

カッピングの値段は?

お金を支払う女性の手

カッピングの料金はエステサロンや整体によって違いますが、平均的に30分コースは3,000円~8,000円程度、60分コースは5,000円~15,000円程度です。

初回は1,000円ほどで施術を体験できることもあるので、実際の効果が気になる人はエステサロンや整体のホームページなどで確認してみましょう。


カッピングは古くから行われている民間療法。血行を促したり、老廃物を排出させたりする効果があると考えられています。綺麗になりたい人や健康を維持したい人はカッピングの施術を受けてみましょう。