BEAUTY

ラメマスカラでうるうるな瞳をゲット!使い方とおすすめ3選

ラメマスカラはいつものメイクと差を付けたい時におすすめのコスメ。うるうるな瞳を作ったり、華やかさをアップさせたりしてくれます。ここでは、ラメマスカラの使い方やおすすめのラメマスカラなどをご紹介します。

 

ラメマスカラに注目!

マスカラは印象的な目元を作るのに不可欠なアイテム。ロング、ボリューム、ウォータープルーフなどさまざまなタイプがあり、カラーマスカラも人気を集めています。

そんな中、最近注目を集めているのがラメマスカラ(グリッターマスカラ)。ラメマスカラとは、その名前の通りラメが入ったマスカラで、ORBIS(オルビス)などのブランドからは限定のラメマスカラも登場しています。まずは、ラメマスカラの魅力についてチェックしてみましょう。

■おしゃれなメイクになる
ラメマスカラは目元をキラキラさせてインパクトのあるメイクに仕上げます。普段のメイクもラメマスカラを取り入れれば、一気に華やかになっておしゃれな雰囲気を演出できるでしょう。

■うるうるとした瞳をゲットできる
ラメマスカラに入っているラメは光を反射させて瞳をうるうるさせます。うるうるした瞳は女性だけでなく、男性にも好印象でしょう。

 

ラメマスカラの使い方は?

 

ラメマスカラの使い方【1】基本の使い方

ラメマスカラの使い方は簡単。基本的な使い方をチェックしてみましょう。

■ラメマスカラの基本の使い方
1.ビューラーでまつ毛を上げてアイメイクをする
2.いつものマスカラを一度塗りする
3.マスカラが乾いたら、ラメマスカラを重ねる

いつものマスカラを塗った後、すぐにラメマスカラを重ねると、ラメマスカラのコームにいつものマスカラの色が付く可能性があります。ラメマスカラは必ずいつものマスカラが乾いてから塗りましょう。

まつ毛の長さやボリューム、カールキープ力などにこだわりがない場合は、いつものマスカラを使わず、ラメマスカラ単体で使っても大丈夫です。

また、普段、繊維入りのマスカラを使っている場合は、繊維がラメマスカラのコームに付着することがあるため、できるだけラメマスカラ単体で使用するのが良いでしょう。

ラメマスカラでダマができてしまった時は、コームで丁寧にとかしてまつ毛を1本1本セパレートさせてください。

 

ラメマスカラの使い方【2】目尻のみにラメマスカラを塗る

「派手なメイクは苦手」「さりげなくラメマスカラを使いたい」という人は目尻にだけラメマスカラを塗りましょう。普段使っているマスカラをまつ毛全体に塗った後、ラメマスカラを上まぶたの目尻側1/3のみに塗ると、さりげなくラメが光り、いつもと印象を変えられます。

目尻側のみにラメマスカラを塗ったアイメイクはナチュラルなので、ラメマスカラ初心者さんやデート、女子会などでこなれ感のあるメイクをしたい人におすすめです。

 

ラメマスカラの使い方【3】下まつ毛にラメマスカラを塗る

ラメマスカラは下まつ毛に使ってもおしゃれ。上まつ毛はラメなしのマスカラを塗り、下まつ毛にラメマスカラを塗ると、涙で濡れたようなうるうるした瞳を演出できます。

また、下まつ毛にラメマスカラを塗れば、ラメが下まぶたに付いて涙袋が強調されます。ラメ入りのアイシャドウを使う方法とは違い、ナチュラルに涙袋を目立たせられるので、やりすぎ感が出る心配もないでしょう。

個性を出したい場合は、カラータイプのラメマスカラを使うのもおすすめです。

 

ラメマスカラの使い方【4】上まつ毛全体にラメマスカラを塗る

お祭りやフェスなどのイベントシーンでいつもより派手にメイクしたいなら、ラメマスカラを上まつ毛全体に塗ってみましょう。上まつ毛全体に塗ると、目が離せなくなるような印象的な目元を演出できます。

ラメマスカラを上まつ毛全体に塗る時のポイントはまぶた側にもしっかりとラメを付けること。ラメなしのマスカラと同じようにまつ毛を根元から持ち上げるようにラメマスカラを塗ったら、まぶた側にもラメマスカラを塗りましょう。

まぶた側にラメマスカラを塗れば、瞬きをした時にラメが輝いて華やかな印象に仕上がります。

 

おすすめのラメマスカラ3選

 

おすすめのラメマスカラ【1】L.A.Splash(エルエースプラッシュ) ダイヤモンドマスカラ

目元のアクセントになるプチプラのラメマスカラ。キラキラ感や目力をアップさせます。汗や皮脂に強い処方なので、メイク崩れの心配もないでしょう。カラー展開が豊富なので、好みやファッションに合わせて選んでください。

◆L.A.Splash(エルエースプラッシュ) ダイヤモンドマスカラ
定価:980円(税抜)

 

おすすめのラメマスカラ【2】STATIONERY COSME(ステーショナリー コスメ) クーピー柄 カラーマスカラ サンセットゴールド、ムーンライトシルバー

バラエティショップやドラッグストアなどで買えるプチプラコスメブランドのカラーマスカラ。ビビッドなカラーで目元を彩ります。ラメタイプはサンセットゴールドとムーンライトシルバーの2種類です。

STATIONERY COSME(ステーショナリー コスメ) クーピー柄 カラーマスカラ サンセットゴールド、ムーンライトシルバー

¥1,650

販売サイトをチェック
 

おすすめのラメマスカラ【3】YVES SAION LAURENT(イヴ・サンローラン) マスカラ ヴィニルクチュール 8

はっきりとした発色と輝くようなツヤが特徴的なデパコスブランドのマスカラ。ダマにならずに目元の美しさを引き立たせます。8のファイアは他のマスカラと重ねて使うのがおすすめなラメ入りのゴールドです。

YVES SAION LAURENT(イヴ・サンローラン) マスカラ ヴィニルクチュール 8

¥4,840

販売サイトをチェック
 

ラメマスカラの作り方

ラメマスカラは手作りできます。ラメマスカラの作り方をご紹介します。

■用意するもの
・クリアマスカラ
・ラメやグリッター
・カラーアイシャドウ(必要な場合)

■ラメマスカラを作る手順
1.クリアマスカラにラメやグリッターを入れる
2.しっかりと混ぜる
3.マスカラに色を付けたい場合は、アイシャドウも加えて混ぜる

手作りのラメマスカラはラメの量を調節できるのが魅力。さりげなくラメマスカラを使いたい人にもラメマスカラで派手なメイクをしたい人にもおすすめです。

 

ラメマスカラの落とし方

細かいラメが入ったラメマスカラは一般的なマスカラと比べて落としにくいです。ラメが残ったり、メイク落としの際にゴシゴシと擦ったりすると、デリケートな目元に負担がかかるため、専用のマスカラリムーバーを使って丁寧に落としましょう。

マスカラリムーバーを使っても細かいラメが残っている場合は、まつ毛コームやマスカラブラシでラメを絡め取ってください。


ラメマスカラはいつもと雰囲気を変えたい時におすすめのアイテム。目元を華やかにしたり、うるうるな瞳を作ったりできます。ラメメイクで周りと差の付くメイクにチャレンジしてみましょう。