BEAUTY

リラックスヨガを知ろう!メンタルケアや快眠を叶えるヨガとは?

ダイナミックなポーズやリラックスできるポーズなど、バラエティに富んだ動きをするヨガ。そんなヨガの中でも、ゆったりとした気持ちでできるリラックスヨガに注目が集まっています。そこで今回はリラックスヨガに関して、効果やポーズなどをご紹介します。

 

リラックスヨガとは?

屋外でヨガをする女性

リラックスヨガとは、心身のリラクゼーションを目的としたヨガのこと。激しいポーズをせず、体にあまり負担にならない程度のポーズをとって深い呼吸をしながらじっくりと行います。

ヨガというとダイナミックなポーズが主役になりがちで、どうしても呼吸が二の次になりやすいです。ですが、本来のヨガは瞑想が元になっているので、呼吸は大変重要な存在。この呼吸を重点的にしたのがリラックスヨガで、深い呼吸で副交感神経を優位に働かせて、体と心を落ち着かせるのが大きな目的になります。

アクティブなヨガだとできる人も限られてしまいますが、リラックスヨガは無理なくできる分、幅広い年齢層に受け入れられています。

 

リラックスヨガの効果

リラックスしている女性

リラックスヨガは、シークエンスと呼ばれるいくつかのポーズを連動させる方法で行います。シークエンスの作成例もさまざまで、その人の体調を考慮してポーズを組み立てることも可能です。
そんなリラックスヨガにはどのような効果があるのかを見ていきましょう。

■快眠効果
リラックスヨガの効果として大きいのが、快眠と言われています。リラックスヨガを行うことで自律神経が整い、ストレスなどによる精神的な悪影響を緩和してくれます。気分も安定しやすくなるので、質の高い睡眠が取れるようになってきます。睡眠が十分になるとホルモン分泌も正常に整うので、体の不調や肌トラブル解消にもつながりやすいです。

■リラックス効果
リラックスヨガによって、心身のリラックスが得やすくなるのも効果の一つ。深い呼吸で副交感神経を優位にし、気分を落ち着かせてくれます。また、リラックス効果は集中力のアップにもつながるので、仕事や勉強においてもいい結果を出しやすくなるでしょう。

■血行促進
リラックスヨガのポーズはそこまで運動量はありませんが、筋肉を刺激して徐々に血行を促進してくれます。血行が促進されると、むくみが解消されたり基礎代謝の向上にもなりやすいので、痩せやすい体が作れるでしょう。
ヨガ教室によっては、ホットヨガと連動したリラックスヨガもあります。汗をたっぷりと流しながら血行を促進することができますよ。

 

朝と夜に行うリラックスヨガの効果の違い

自宅で瞑想する女性

リラックスヨガは朝と夜の実践によって、効果に差が出ると言われています。では、リラックスヨガを行うタイミングによって効果はどのように変わってくるのでしょう。

■朝に行うリラックスヨガ
朝に行うリラックスヨガは、睡眠モードのスイッチを切り替えて目を覚ましやすくします。交感神経を優位にして、その日一日をパワフルに活動できるような活力を与えてくれます。このため、朝に行うリラックスヨガは、比較的運動量のある太陽礼拝を中心にするのがいいでしょう。

■夜に行うリラックスヨガ
夜に行うリラックスヨガは、眠るための副交感神経を優位にしてくれます。リラックス効果を促して脳や筋肉を緩ませ、睡眠しやすい体環境に整えていきます。また、リラックスヨガを経て就寝することで、疲労回復を促進して朝の目覚めを快適にする作用もあります。

 

おすすめのリラックスヨガのポーズ①かんぬきのポーズ

かんぬきのポーズは、脇腹を中心に腕の筋肉をストレッチしてくれます。肺や肝臓の機能を高めてデトックスを促すなどの作用もあります。

①床に両膝をついて、左右どちらかの脚を体と一直線になるように伸ばしていきます。
②その状態で反対側の腕を上げて、上半身を伸ばした足の方に傾けていきましょう。
③5呼吸ほどキープして、もう一方も同様にポーズをします。

 

おすすめのリラックスヨガのポーズ②英雄のポーズ

英雄のポーズは下半身の体幹を鍛えて、活力を引き出す作用があります。少しきつめのポーズなので、朝のリラックスヨガにおすすめです。

①楽な姿勢で立ち、左右どちらかの脚を後ろに大きく移動させます。
②両腕を上に伸ばし、顔も少し上を向いて5呼吸ほどキープします。
③体を元の位置に戻し、もう一方も同じように行っていきます。

 

おすすめのリラックスヨガのポーズ③半魚王のポーズ

半魚王のポーズはウエストを捻るので、くびれ作りに効果が期待できます。自律神経を整えるので、睡眠前のリラックスヨガに最適です。

①足を延ばした状態で床に座り、左右どちらかの脚をもう一方にクロスさせ、伸ばしている方の膝を曲げておきます。
②その状態で上半身を捻り、顔を後ろに向けていきましょう。
③5呼吸ほどキープし、もう一方も同じようにポーズを取っていきます。

 

おすすめのリラックスヨガのポーズ④ワニのポーズ

ワニのポーズはお腹周りを刺激して、デトックス効果を促します。リラックス作用もあり、不眠解消へと導いてくれるでしょう。

①床に仰向けになり、左右どちらかの足を一方の膝の上に置きます。
②そのまま上半身を捻り、顔は捻った方向と逆を向きます。
③5呼吸ほどキープし体を元に戻したら、もう一方も行います。

 

リラックスヨガにおすすめの音楽

リラックスヨガは音のない静かな場所で行うのもいいですが、リラクゼーション効果を高める音楽を取り入れるのもおすすめです。

ポイントになるのは、ゆったりしたテンポや海、川の流れといったナチュラルサウンドをベースにしたもの。近年は動画でも簡単に検索ができるので、自分と波長の合う音楽を厳選してみるのもいいでしょう。


リラックスヨガは、気分を落ち着かせて心身をリラックスできるゆったりしたタイプのヨガ。Youtubeでも人気のインストラクターがリラックスヨガのシークエンスを紹介しているので、参考にしてみるのもいいですね。音楽も取り入れて、リラックスヨガの効果をしっかりと引き出していきましょう。