BEAUTY

素敵な笑顔の作り方とは?トレーニングや体操のやり方をチェック!

笑顔は好印象を与えたり、美肌をキープしたりするのに効果的。しかし、自然な笑顔を作れないと悩んでいる女性は多いです。ここでは、笑顔の作り方のポイントと笑顔を作るための方法をご紹介します。

 

笑顔の効果やメリットとは?

笑顔の女性

素敵な笑顔にはさまざまな効果やメリットがあります。笑顔の練習に活かすためにも、まずは笑顔が生む効果やメリットを確認してみましょう。

■好印象
笑顔は周りの人に好印象を与えます。特に、初対面の人にはムスッとした表情の人よりも笑顔が素敵な人の方が近寄りやすいと思われるでしょう。

■モテる
笑顔が素敵な女性はモテます。二人でいる時に楽しそうな笑顔を見せれば、男性は「もっと笑顔を見たい」「一緒にいると自分まで気分が高まる」などと思ってくれるでしょう。

■ストレスを発散できる
笑顔になると、体をリラックスさせる副交感神経が活発化します。そのため、作り笑顔でも日々のストレスを発散できると考えられています。

■表情筋を鍛えられる
笑顔を作るためには、顔の皮膚の下にある表情筋を使わなければなりません。笑顔で表情筋が鍛えられれば、肌のハリがアップし、血行が良くなって老化を予防できます。

■声がきれいになる
笑顔の時は口角が上がっていて、口の周りもしっかりと動かされています。口の周りが動いていると、声が明るくなり、滑舌も良くなると言われています。

■免疫力がアップする
笑顔が多い人は、ウイルスなどを攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活発に働いているようです。そのため、笑顔が増えれば、免疫力がアップすると言えるでしょう。

 

笑顔が素敵な人の共通点

笑顔の女性

笑っているつもりでも不自然に思われたり、無理をしているように見えたりする人は多いはず。そんな人は笑顔が素敵な人の共通点をチェックして笑顔作りに役立てましょう。

■口角が上がっている
笑顔が素敵な人は口が真横に開かれているのではなく、口角が上がっています。特に、口角が斜め上に持ち上がって上の歯が6~8本程度見えている人は表情が明るく、笑顔が素敵です。

■目も笑っている
口元だけ笑っていても目の表情が変わっていなければ、自然な笑顔には見えません。反対に、目尻が下がり、目の形が横を向いた三日月のようになっていると、自然で素敵な笑顔に見えます。

■表情が左右均等
目の形や口角の高さが左右均等の人は笑顔がきれいです。しかし、初めから左右均等の笑顔を作るのは難しいので、素敵な笑顔を作るためには練習を重ねる必要があります。

 

笑顔の作り方のポイント

笑顔の作り方のポイントを示す女性

笑顔が不自然だと、相手にマイナスイメージを与えます。笑顔の練習をする時は、自然に見せるために次のポイントを意識しましょう。

■頬と口角を持ち上げる
笑顔の作り方で大切なのは、頬と口角を持ち上げること。笑顔を作る時は、一度、顔全体の力を緩めてから頬と口角を持ち上げると、イキイキとした明るい表情になります。

■オーバーリアクションを心がける
自分では自然な笑顔を作っているつもりでも、中途半端に見えることは少なくありません。笑顔を作る時はオーバーリアクションを心がけると、相手に表情が伝わりやすいです。

■舌の歯を見せすぎない
笑顔の作り方では、下の歯を見せすぎないこともポイントです。下の歯を見せて「イー」のような表情を作れば、口角が上がりきらず、顔も大きく見えるので上の歯を見せることを意識しましょう。

■唇のケアも忘れずに
唇が荒れていると、荒れた部分をかばうために笑顔が不自然になります。自然な笑顔を見せたい人は普段からリップクリームなどで唇ケアをしておきましょう。

 

笑顔の作り方【1】基本トレーニング

笑顔を作る基本トレーニング

ナチュラルで素敵な笑顔を手に入れたい人は、まず基本の笑顔の作り方トレーニングを行ってみましょう。基本のトレーニングは表情筋をほぐし、頬や口角をグーっと引き上げてくれます。簡単にできるので、会社の朝礼などに取り入れるのもおすすめです。

■笑顔の作り方▶基本トレーニング編
1.150%の笑顔をイメージして「イー」の表情を作る
2.目尻を下げ、口角を上げて10秒間キープ
3.息を吐いて力を抜く
4.100%の笑顔で3秒間キープ

最後の表情が自然な笑顔です。「イー」と声に出すのが理想ですが、外出先などでトレーニングしたい場合は、声を出さなくても良いでしょう。

 

笑顔の作り方【2】笑顔体操

笑顔体操

笑顔の作り方の中でも、笑顔体操は瞬発力のアップに効果的。継続して体操を行うと、ナチュラルな微笑みから明るくイキイキとした笑い顔まで、状況に合った笑顔をスムーズに作れるようになります。

■笑顔の作り方▶笑顔体操編
1.口を尖がらせて「ウー」と言う
2.目や口をぎゅっと閉じて「ン」と言う
3.目も口も大きく開いて「パ」と言う
4.口角を上げてにっこりと笑う

筋肉がほぐれて顔全体がポカポカとしてくるまで繰り返しましょう。

 

笑顔の作り方【3】小頬骨筋のトレーニング

笑顔を作る小頬骨筋トレーニング

小頬骨筋は、頬や口角を上げる笑顔に不可欠な筋肉。これが衰えると、ほうれい線ができて老け顔になったり、表情がどんよりと暗くなったりします。毎日のトレーニングで小頬骨筋を鍛えて自然な笑顔を作ると、若々しい肌も維持できるでしょう。

■笑顔の作り方▶小頬骨筋トレーニング編
1.右側の口角を上げて右目の目尻を下げる
2.5~10秒間キープ
3.自然な表情に戻る

左右交互に顔の筋肉がほぐれてくるまで行いましょう。

 

笑顔の作り方【4】大頬骨筋のトレーニング

笑顔を作る大頬骨筋トレーニング

大頬骨筋は口角を上げる筋肉。心の底から笑っているようなダイナミックな笑顔を作り、幸せそうな表情に導きます。大頬骨筋を鍛えてパッと明るい笑顔を作れるようになれば、周囲の人に好印象を与えられるでしょう。

■笑顔の作り方▶大頬骨筋トレーニング編
1.口を大きく上げて口角を持ち上げる
2.前歯が見えないように上唇を歯にかぶせる
3.5秒間キープしてから自然な表情に戻る

顔全体の筋肉を思いっきり動かすことがポイントです。

 

笑顔の作り方【5】割り箸を使ったトレーニング

笑顔を作る練習に役立つ割り箸

作った笑顔が不自然だと感じる場合は、頬や口角が十分に上がっていないのかもしれません。自然な笑顔を作りたい時は、割り箸を使ったトレーニングで頬や口角を持ち上げる癖を付けましょう。

割り箸のトレーニングはモデルや接客業の人、フラダンスをしている人なども実践している有名な笑顔の作り方です。

■笑顔の作り方▶割り箸を使ったトレーニング編
1.割り箸を横にして口にくわえる
2.割り箸をかみしめて30秒間キープ
3.口角を上げ、目も笑顔にして10秒間キープ

割り箸をくわえる時は、なるべく唇を使わないようにしましょう。

 

笑顔の作り方【6】笑顔練習アプリ『スマトレ』を使う

上手く笑顔作りができないと感じている人は、笑顔練習アプリを使ってみるのも良いでしょう。スマトレは笑顔を採点できるアプリです。採点結果がアプリ内のカレンダーに記録されるため、笑顔練習の目標設定をしやすいでしょう。

また、鍛えられる筋肉別に笑顔の作り方も教えてくれるため、本格的に笑顔のトレーニングをしたい人にもおすすめです。

 

笑顔の作り方【7】心の状態を整える

笑顔の女性

どれだけ笑顔の作り方を知っていても心が不安定だったり、ストレスが溜まっていたりすると、自然な笑顔は生まれません。素敵な笑顔で周りの人を魅了したいなら、心の状態を整えることも意識しましょう。

■コンプレックスを気にしすぎない
出っ歯や口元のシワなどに悩んで笑顔を作れない人もいますが、笑顔は自分を最高に輝かせてくれる魔法のようなものです。コンプレックスを意識しすぎず、思い切って笑顔を作れば、表情がイキイキとして周りの人にも好印象でしょう。

■ポジティブ思考になる
ポジティブ思考になると、悲しい気持ちや辛い気持ちが生まれにくくなり、笑顔が自然になります。例えば、失敗した時も落ち込まず、次へのチャンスだと考えられれば、笑顔が出やすくなるでしょう。


笑顔は周りの人に好印象を与えたり、ストレスを発散したりするのに効果的。笑顔が素敵な人はモテるとも言われています。表情に自信がない人は笑顔の作り方を練習して素敵な人になりましょう。