HAIR

ヘアゴムの跡がつくのがイヤ!ヘアゴムの跡を回避する注目アイテム

仕事帰りに急なお誘いで食事に誘われたとき、髪にヘアゴムの跡がついていると、ヘアスタイルが決まらずに困ってしまうことがありますよね。今回は、髪を結んだときに跡がつく原因と対策法、おすすめアイテム3つをご紹介します。

 

仕事の後もオシャレでいたい!

ヘアゴム

仕事の時やヘアアレンジをする際に、ゴムを使って髪を結ぶ人も多いですよね。しかし、結んだ髪をほどくと、くっきりゴムの跡がついて困ったことはありませんか?

髪を結んだ時のゴムの跡がついたまま、会社帰りに用事ができてしまうと、ヘアスタイルが決まらずに気分も落ちこんでしまいますよね。

今回は、髪を結んだあとに跡がついてしまう原因と対策法、おすすめのヘアアイテムについてご紹介します。

 

髪を結んだあとに跡がついてしまう理由は?

髪で悩む女性

髪を結んだあとにゴムの跡がついてしまう原因は、結ぶときの力が強いことが考えられます。
結ぶ力が強すぎると、髪や頭皮を傷める原因になってしまうので注意が必要です。

跡がつくほど強く結んでいるということは、毛根を傷めてしまっている可能性があります。強い力で常に同じ場所を結んでいると毛根はダメージを受け続けるため、健康な毛を維持できずに抜け毛や切れ毛などの髪のトラブルを引き起こします。

また同じ場所に髪を結んでいると、毎日髪に強い力が加わるので、髪は引っ張られて圧力もかかり、毛がだんだん細くなり健康な状態を維持できなくなります。

 

ヘアゴムの跡をつきにくくする方法は?

髪を結ぶ女性

では、どうすればヘアゴムで結んだ後に跡がつきにくくなるのでしょうか?

一番簡単な方法は、跡になりにくいヘアゴムを使用することです。今回はその方法以外にも、ヘアゴムの跡をつきにくくする方法についてご紹介します。

■ゆるめに結ぶ
髪を強く結ぶことがゴムの跡をつける原因でも挙げられるため、ゆるめに結ぶこともポイントの一つです。髪を結ぶ際はヘアゴムではなく、シュシュのような柔らかい物で結ぶと効果的です。

■ヘアクリップを使用する
ゆるめに髪をねじってクリップで挟むだけでも、髪に跡がつきにくくなります。ポイントは、髪に跡がつかないように、左右対称に分けてからまとめてアップすること。そうすることで髪に跡がついても自然なウェーブができるため気になりません。最後はゆるめにクリップを留めれば完成です。

 

ヘアゴムの跡を回避するおすすめアイテム①スプリングヘアゴム

髪の跡がつきにくいアイテムとして100均でも販売されている、人気のスプリングゴム。
スプリングヘアゴムは、通常のヘアゴムとは異なり、少し伸縮性のあるプラスチック素材でできています。

形状はスプリングのようで、子供用のヘアゴムのように思えますが、しっかりと髪をまとめることができます。

スプリングヘアゴムを上手に使う方法は、まずまとめる髪の毛の量に合った大きさを選ぶことです。適切な大きさを選ぶことで、使いやすくなります。
また、髪の色に合ったカラーを使うと目立たないため、仕事場でも手軽に使えます。

カラー展開も豊富なため、カラフルなタイプや飾りつきのものなどを選ぶと、プライベートでも使うことができますよ。

スプリング メタリックカラー ヘアゴム 4点セット JewelVOX(ジュエルボックス)

¥780

販売サイトをチェック
 

ヘアゴムの跡を回避するおすすめアイテム②ヘアタイ

今人気急上昇しているのが、「ヘアタイ」と呼ばれるアイテムです。

ヘアタイとは、リボンのような柔らかい素材にもかかわらず、髪をしっかり固定でき、子供の髪にも使える万能なヘアゴムです。

ヘアタイは、ゴムではなく伸縮性のある「ストレッチバインダー」という素材を使用しています。この素材の特性で、髪を結んだ後も跡がつきにくいと言われています。

またこのヘアタイはファッションの最先端であるニューヨークから発信され、ユニークなデザインなど、種類が豊富なことも魅力の一つです。ヘアゴムとしてだけでなく、手首につけたり、アクセサリー感覚で楽しめると海外セレブからも支持されています。

KITSCH(キッシュ) ヘアタイ ヘアゴム ブレスレット 5本1セット

¥1,378

販売サイトをチェック
 

髪に結んだ後がついてしまった時には「お直しシート」

髪が広がっている、跡がついてしまっている場合に、水につけて直すという方もいますが、この方法は、髪の乾燥を招くため控えましょう。

では、どうすればすぐについてしまった跡を直せるのでしょうか?

髪についてしまったゴム跡を直す時に活躍するアイテムが、「髪のお直しシート」です。

髪のお直しシートは、薄型で持ち歩きしやすく、スタイリング成分がシートに含まれているためバッグの中に入れて持ち運べる便利なアイテムです。ヘアゴムの跡以外にも、外出先で髪が静電気で広がってしまった、湿気でモワっと広がってしまった、など髪が気になる時にも活躍します。

■髪のお直しシートの使い方
使い方は蒸しタオルと同様にゴムの跡がついた部分を包んで、滑らせるだけの簡単な方法です。その後は、手ぐしで髪を伸ばすようにキレイに馴染ませることで、ベタつかず髪がまとまって自然な仕上がりになります。

特にお直しシートの中でもおすすめなのは、リーゼの「髪のお直しシート」です。リーゼの髪のお直しシートは、ゴム跡をなじませるだけでなく、フルーティフローラルの香りが髪にほのかにつくので、女性らしさを演出します。
大きさも、ハンカチ程度とかなり大きめのため、ロングヘアの方でも使えます。

リーゼ 髪のお直しシート 20枚

¥1,190

販売サイトをチェック

髪にヘアゴムの跡がついてしまうと、その後に予定がある時などに気分が落ちてしまいますよね。そんな時は、お直しシートなどの対策グッズを使うとすぐに改善できます。普段から髪に跡がつきにくいアイテムを上手に活用して、ヘアアレンジを楽しみましょう!