LIFE STYLE

アイロンが無くても大丈夫!シャツのシワを取る方法5つ

一枚で決まるシャツは、コーディネートで重宝しますよね。
しかし、シャツのアイロン掛けは大変ですし、旅先や出張先など、「急にシワを何とかしたい!」ということもあります。
シワシワのシャツは着たくないですよね。

そこで今回は、シャツのシワを取る方法を5つご紹介します♡

 

シャツのシワを取る方法①最初が肝心!干し方でシワ予防

「アイロンがない」
「アイロンをかけるのが面倒」
「いざ着ようと思ったらシワが」

洋服のシワはとても厄介なものですので、シワを予防することが大切です。

洋服のシワを予防する方法としては、
・洗濯する際に、洗濯ネットを使って洗濯する
・脱水は必要最低限にして、外に干す場合などは、滴るくらいでもOK
・シワを伸ばすために、しっかりと伸ばして、パンパンとたたいてから干す
・干す際は、洗濯バサミではなく、ハンガーを使う

などが有効です。

また、形状記憶のシャツですと、アイロンがいらないものもありますので、購入する際に確認してみるといいですね。

 

シャツのシワを取る方法②簡単♡湿らせてシワを伸ばす!

一旦乾いてしまった洋服のシワは、もう一度湿らせることで緩和されることがあります!

完全に濡らしてしまうと、乾くのに時間がかかってしまいますので、水や霧吹き、加湿器やお風呂場の湯気で湿らせて、シワを伸ばしてみましょう。

シャワーやお風呂に入っている時に、濡れないような場所に干しておくだけで効果がありますので、忙しい朝には特に助かりますね♡

 

シャツのシワを取る方法③ドライヤーや扇風機などで急速に乾かす!

湿らせても取れない頑固なシワは、濡らしてシワを伸ばすことと、急速に乾かすことで、アイロンのような効果を出すことができます。

ドライヤーは、旅先や出張先など、どこにでもあるので、急にシワを取りたい場合も使えますし、早く乾くので有効です。

また、一部だけシワを取りたい時も便利ですよね。

ドライヤーの熱風で乾かした後に、冷たい風を当てると、さらにシワが戻りにくいのでおすすめです。

 

シャツのシワを取る方法④便利♡シワ取りスプレーを使う!

市販されているシワ取りスプレーは、シュッと吹きかけて伸ばすだけで簡単ですし、消臭効果があるものが多いので、臭い予防もできて嬉しいですね。

クリーニングするほどではないけれど、シワを取りたいスーツなどにもおすすめの商品です。

ただし、ポリエステル100%の製品には効果がなかったり、使えない素材もあるので、購入する際は注意書きをよく読んでおきましょう。

また、何度も使うと効果が薄くなるようですので、注意が必要です。

 

シャツのシワを取る方法⑤緊急の時はヘアアイロン!

今までご紹介してきた方法ができない場合の緊急手段として、ヘアアイロンを使う方法があります。

ヘアアイロンは、あくまで髪専用で作られているものですので、洋服が溶けてしまったり、生地を傷める可能性があるので、水で湿らせたり、当て布をすると、洋服を守ることができますが、あくまでも緊急の場合に活用しましょう!

 

種類別!シャツのシワを取る方法:Yシャツのシワの取り方

Yシャツのシワを取る場合、生地が薄くシワができやすいので、まずは洗濯の時点で気を付けるようにしましょう。

洗濯ネットにシャツを入れて洗うと、他の洗濯ものと絡まずにシワができにくいですし、柔軟剤やシワ対策の洗剤を使うようにすると良いかもしれません。
また、シャツを干す際もきちんとシワを伸ばして干すようにしましょう。
厚めのハンガーを使って干すと、風が吹いてもシワになりにくいのでおすすめです。

また、干す際は第1~第3ボタンまでを閉め、襟をピッタリと立てて干します。
腕のボタンは外した状態で干すと、よりシワになりにくいでしょう。

洗濯後にシワになってしまった!という時、アイロンがない場合は霧吹きで水分を含ませてシワを伸ばす方法か、シワ取りスプレーをしようするのがおすすめです。
浴室に干して、手でシワを伸ばすようにする方法も効果的でしょう。

シャツの繊維が、水分を含むことでシワが形状記憶される前の状態にリセットできます。
水分を含ませたら、しっかりと手で伸ばしてから干して乾かすようにしましょう。ドライヤーがある場合は、熱くなりすぎないように適度な距離から風を当てて乾かしてみてください。

Yシャツの場合は、生地が傷みやすいので、ヘアアイロンなどを使用する方法は避けた方が良いかもしれません。また、白などの淡い色のシャツは少し熱を加えすぎただけでも、変色してしまう可能性がありますので、ヘアアイロンではなく、出来るだけ専用のアイロンを使用してみてください。

 

種類別!シャツのシワを取る方法:Tシャツのシワの取り方

Tシャツのシワを取るには、たたみ方を工夫すると良いでしょう。
きっちりとシワを伸ばすようにしてたたむと、それだけでもシワを取ることができます。

また、洗濯をする際にもシワになりにくいように工夫することで、Tシャツのシワは改善することができます。
脱水を弱めにしたり、他の洗濯物と絡まないように、洗濯機の上の方に最後に入れるようにしましょう。
また、洗濯を終えた後に平らな場所でシワを伸ばすようにしてから干すとシワになりにくいでしょう。

既にTシャツにシワがついてしまった場合は、こちらも水分を含ませて干すのが効果的です。
パンパンとシワのついた部分を叩くようにして干すと、シワが取れます。
また、一晩浴室にTシャツを干しておくだけでもシワが取れることが多いようです。
生乾きの匂いが気になってしまう人は、ドライヤーを使って早めに乾かすのが良いかもしれません。

また、霧吹きで濡らしてシワを伸ばした後、Tシャツを干している下に扇風機を回すだけでも効果がありますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

種類別!シャツのシワを取る方法:ブラウスのシワの取り方

YシャツやTシャツと違って、ブラウスは繊細な素材や、デザインごとにシワの出来やすさなどが変わってきます。
シフォンブラウスや、軽い素材のふんわりとしたブラウスがシワだらけでは、綺麗に着こなせませんよね。

ブラウスのシワを取るためには、あまり高い温度を当てるのは避けた方が良いかもしれません。
あまり高い温度でシワを伸ばそうとすると、ブラウスの素材を傷めてしまう可能性があります。

また、洗濯の際はきちんとネットに入れ、ブラウスのデザインや、質感をしっかりと出すように、厚めのハンガーにかけて干すようにしましょう。ワイヤータイプの細いハンガーですと、風の影響を受けやすく、乾かす際にシワが出来やすくなってしまいます。

ブラウスのシワ取りでおすすめなのは、濡らしたタオルをシワの部分に当て、少し湿らせてからハンガーで干し、ドライヤーで乾かす方法です。
シャワー中に浴室に干しておく方法も、適度な水分を含んでシワが伸びやすくなるので良いでしょう。

 

種類別!シャツのシワを取る方法:注意したい素材のシワの取り方

気になるシャツのシワは、水分を含ませて乾かしたり、熱を加えることで伸ばせます。
しかし、麻やサテンなど、取り扱いに気をつけたい素材の場合はどうすればいいのでしょうか?

■サテン素材のシワを取る場合

ポリエステルなど化繊のサテン素材の場合は、高い温度でアイロンをかけたりすると生地が傷んだり溶けてしまうので、あて布をして裏側からドライアイロンをしましょう。低温で丁寧にシワを伸ばすことが大切です。

アイロンがない場合は、軽くスプレーをして干す方法でもシワ取りは可能ですが、アセテートサテンなどは、水をかけると水しみができてしまうので気をつけて下さい。
一口にサテンと言っても素材が違うので、サテンは素材によって注意が必要です。

また、おしゃれ着用洗剤や合成洗剤は、サテン生地の光沢を落としてしまう可能性があるので、出来るだけ中性の石鹸を使って洗い、ふんわりと干すようにしましょう。


■麻素材のシワを取る場合

麻素材はシワになりやすく縮みやすい素材です。
麻素材の場合は、脱水をかけないようにするか、弱めに脱水をするようにしましょう。
脱水をかける時間を短くするなどの工夫で、絞られた時にできるシワを極力減らすことができます。
また、麻は通気性が良く吸水・吸湿性に優れている素材です。
すぐに乾きますので、出来る限り濡れた状態から干すようにすると、シワができにくいでしょう。
手洗いが必要な場合などもあるので、まずは洗濯表示をしっかり確認してみてくださいね。

麻のシャツのシワを取りたい場合は、多めの水分を含ませて乾かすのが良いでしょう。
シワが取れにくいので、霧吹きなどでしっかり濡らして、濡れたまま干すようにしてください。シワ取り消臭スプレーを使うのも良いでしょう。


いかがでしたでしょうか?アイロンは面倒……でもシワのついたままの服は着たくないですよね。
まずは、シワがつかないように干すと、アイロンがけをしなくてよくなるかもしれませんので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。