LIFE STYLE

アロマランプの癒し効果でリラックス!選び方や使用上の注意点など

アロマを楽しむグッズには様々な種類がありますよね。その中でも安全性が高く、おしゃれなデザインが多いのがアロマランプです。癒し効果を求めて部屋にアロマランプを置いている方もいるのではないでしょうか。今回はアロマランプの選び方や使い方など、おすすめ商品と共にご紹介します。

 

アロマランプとは?

アロマランプとは、部屋で使うアロマグッズのひとつ。ライトの熱でアロマオイルを温めて、香りを楽しむことができます。
ほんのりと暖かみのある灯りとアロマの香りでリラックス効果は抜群です。

キャンドルの火でオイルを温めて香りを広げるアロマポットとは違い、火を使わないので安全性も問題なし。つけっぱなしで寝てしまっても大丈夫です。寝る前のリラックスタイムに大活躍しそうですね。

 

アロマランプの効果

■リラックス効果

アロマランプはお好みの香りを楽しめるうえに、照明としての役割もあります。嗅覚と視覚の両方から癒しを与えてくれるでしょう。香りにリラックス効果があるのは有名ですが、実は明るすぎない優しい光も眺めているだけで心が落ち着かせる効果が期待できます。

■抗菌・殺菌作用

そもそも植物には、細菌から身を守るために、抗菌・殺菌作用がある物質を蓄える性質があります。植物から生成されるアロマオイルの中には、抗菌や殺菌作用があるものも。
特にペパーミント、ラベンダー、ユーカリ、タイム、ティートゥリーなどは、抗菌・殺菌作用に優れています。

 

アロマランプの選び方【1】電源の種類

おしゃれなコンセント

■コンセント式

コンセントに直接差し込んで使うタイプは、コンパクトサイズで狭い部屋向け。電球は5~10wと低めで、常夜灯やフットライトに最適です。

■コード式

電源コード付きのアロマランプは、置きたい場所に置けるというメリットがあります。一般的には1~2mのコードが付いていますが、延長コードを利用すれば部屋中どこでも置くことが可能です。

大きさや重さ、デザインが豊富で、オプション機能が付いているタイプも多く、自分好みの商品が見つかります。

■電池・充電式

電池やUSBでの充電が可能なアロマランプは、どこでも好きな場所で使用可能。
例えば車の中やオフィスなど、充電さえできればOK。防水タイプもあり、浴室で使いたい方にはおすすめです。

 

アロマランプの選び方【2】オプション機能

■タイマー機能

タイマーがついていれば、就寝時の使用に便利です。アロマランプは、火を使わないので火事の心配はありませんが、電気代が節約できます。

■調節機能

灯りや香りの強さを調節できるアロマランプもあります。昼間は明るさを弱めにして、寝る前は香りを強くするのもいいですね。時間帯や気分によって自分好みに調節できるのがメリットです。

 

アロマランプの選び方【3】デザイン・素材

■デザイン

アロマランプのデザインは、シンプルなタイプからステンドグラス風の凝ったものまで様々。形も丸型から四角までバリエーションが豊富でかなり選択肢が広いです。きっとお好みのアロマランプが見つかるでしょう。

■素材

アロマランプは陶器やガラス、セラミック製のものが多いです。防水タイプに限ってはプラスチック製もあり、割れにくいという特徴があります。

また、部屋の雰囲気に合うものを選ぶのがおすすめです。和室の場合は気分が和む陶器、クールな雰囲気を求める方はシャープな印象のガラス製がよく合います。

 

おすすめのアロマランプ【1】BRUNO(ブルーノ) ノスタルアロマランプ ダークウッド

BRUNO(ブルーノ)のアロマランプは、どんな部屋にでも合うベーシックなデザインが人気。少々赤みがあるオレンジの優しく暖かい光は、間接照明としても役立ちます。

オイル皿とガラスカバーが一体化しているので、お手入れも簡単。アロマの香りもしっかり香るので、広めの部屋でも十分使用できます。

BRUNO(ブルーノ) ノスタルアロマランプ ダークウッド

¥5,060

販売サイトをチェック
 

おすすめのアロマランプ【2】生活の木 アロマオールナイト スクエア

真っ白い清潔感のある陶器が部屋の雰囲気を壊すことなく馴染むアロマランプ。コンセントに直接差し込むタイプなので、フットランプとして最適です。

少量のアロマオイルでも1~2時間は香りが持続します。同じシリーズでオーバルタイプもありますよ。

生活の木 アロマオールナイト スクエア

¥1,980

販売サイトをチェック
 

おすすめのアロマランプ【3】MUJI(無印良品) 超音波うるおいアロマディフューザー

ミストを発生させるアロマディフューザーですが、ライトをつけることでアロマランプとしても使えます。12~15畳の広い部屋でも部屋の隅々まで香りが行き届くでしょう。

4段階のタイマー機能や調光機能もあります。明るすぎないちょうど良い灯りが、間接照明にぴったりです。

MUJI(無印良品) 超音波うるおいアロマディフューザー 

¥6,890

販売サイトをチェック
 

アロマランプの使い方

アロマランプは、やはりリラックスできるアロマ効果を得るために使うのがメイン。

また、ルームランプとして使う人もいます。アロマを焚かなくては意味がないと思われがちですが、デザイン性の高い商品はランプとしても人気。お気に入りのランプにアロマ機能がついていてラッキーという人も多いです。

アロマの種類によっては、消臭や虫よけに使う人もいますよ。レモングラスやユーカリのアロマオイルは、部屋の嫌な臭いを消したり、虫よけにも効果があります。

 

アロマランプの使用上の注意点

■体に違和感を感じたら使用を中止する

アロマランプによって癒される人もいれば、中には香りが合わずに吐き気や頭痛といった症状が現れる人もいます。体質的に合わない場合は、使用を中止するか、灯りのみで楽しみましょう。

■低い場所で使用する場合はやけどに注意

コンセントに直接差し込むタイプのアロマランプは、火を使わないものの長時間の使用で熱を持つことがあります。特に小さいお子さんやペットがいる場合は、つけっぱなしに注意してください。


見た目と香りでリラックスさせてくれるアロマランプ。部屋にひとつあるだけで気分が落ち着くでしょう。ぜひ今回ご紹介した情報を元に、アロマランプデビューをしてみてはいかがでしょうか。