BEAUTY

炭酸入浴剤でバスタイムを癒しの時間に!選び方やおすすめ商品など

1日の終わりにゆっくりと湯船に浸かる癒しタイムにプラスしたい炭酸入浴剤。癒されるだけではなく、実は様々な効果が期待できます。今回は、人気炭酸入浴剤や手作り炭酸入浴剤の作り方もご紹介します。

 

炭酸入浴剤とは?

バスボムと入浴剤

入浴剤にも様々な種類がありますが、その中でも炭酸ガスのシュワシュワした泡が発生するのが炭酸入浴剤。飲料などにも使用されている炭酸水素ナトリウムの性質を利用しているので、体に害を与える心配はありません。

温泉施設などで炭酸風呂は人気が高いですが、炭酸入浴剤があれば自宅でも手軽に楽しむことができます。

炭酸入浴剤は価格帯も幅広く、顆粒(かりゅう)から固形まで様々なタイプがあります。女性に嬉しい効果もたくさんで、香りの種類も豊富。快適なバスタイムを演出してくれるでしょう。

 

炭酸入浴剤の効果【1】美肌効果

バスタブから顔を出す女性

炭酸入浴剤を湯船に入れると細かい泡が発生しますが、その正体は二酸化炭素。皮膚の表面に付着した皮脂や角質などに吸着して、汚れを浮かせて取り除く効果があります。

さらに炭酸入浴剤を入れることで血行が促進。それによって毛穴が開きやすくなり、通常では落ちにくい汚れもクリアにしてくれるので、透明感のある肌に。

また、血行が良くなることで、ターンオーバーのサイクルが正常になります。肌細胞が定期的に生まれ変われば、いつまでも美肌をキープすることができますね。

 

炭酸入浴剤の効果【2】疲労回復

女性

炭酸入浴剤によって血行が促進されることで、代謝が活発になり疲労物質を取り除くことが可能。さらにお好みの香りを選べばリラックス効果もあり、疲労回復に役立ちます。

また、血行が良くなれば、女性を悩ませる肩こりや腰痛を緩和する効果も。

炭酸入浴剤入りの湯船に浸かると、肌から二酸化炭素を吸収しますが、人間の身体はこれを異物とみなして酸素を取り入れようとします。そこで血管が拡張されて血流がスムーズになり、肩こりや腰痛も解消されるというメカニズムです。

 

炭酸入浴剤の選び方【1】肌質に合わせる

入浴中に肌を触る女性

炭酸入浴剤を選ぶ時の一番のポイントは、肌質に合うかどうかです。

様々な嬉しい効果があるとは言え、肌に合わなければ元も子もありません。乾燥に悩まされている方や敏感肌の方が炭酸入浴剤を使用する時には注意が必要なので、まずは少量のものを購入して試してみるのをおすすめします。

 

炭酸入浴剤の選び方【2】濃度

お風呂のお湯をすくう手

炭酸入浴剤は、一般的に濃度が高いほど効果が高いと言われています。

濃度はppm(パーツ・パー・ミリオン)という指標で表されます。国内の炭酸泉の濃度は250~1,000ppmですが、濃すぎても肌への刺激が強くなる可能性あり。炭酸入浴剤は濃度に関しても自分に合うタイプを選ぶ必要があるでしょう。

 

炭酸入浴剤の選び方【3】香り

お風呂で香りを楽しむ女性

炭酸入浴剤で1日の疲れを癒すのが目的であれば、お好みの香りを選んでリラックス効果を高めるのがおすすめ。

柑橘系やハーブ、ミント系など、香りの種類は非常に豊富なので、自分にとってリラックスできる香りの炭酸入浴剤を選んでください。

 

おすすめの炭酸入浴剤【1】花王 バブ メディキュア 温もりナイト

バブの炭酸入浴剤シリーズの中でも、特に保温効果が高く冷え性の方におすすめです。保温成分が配合されて、入浴後もベッドに入るまでずっとポカポカ。

泡の数は通常商品の10倍にも及び、入れた瞬間に細かい泡が広がります。ラベンダーとシダーウッドの優しい香りも、疲れた身体を癒してくれるので、疲労回復にも効果的です。

 

おすすめの炭酸入浴剤【2】BARTH(バース) 中性重炭酸入浴剤

中性の重炭酸イオンによって血流が促進されることで、様々な効果が期待できます。基礎代謝が高まり、美肌や疲労回復、さらにはダイエット効果も!

これまでの炭酸入浴剤とは違い、シンプルでおしゃれなパッケージはインスタでも話題。もちろん効果も実感できるということで、商品比較ランキングでも上位をキープしています。

BARTH(バース) 中性重炭酸入浴剤 90錠入り

¥6,600

販売サイトをチェック
 

おすすめの炭酸入浴剤【3】BATHCLIN(バスクリン) きき湯 クレイ重曹炭酸湯

入浴剤の定番「きき湯」シリーズにも、炭酸入浴剤がいくつかあります。効果や香りの違う商品がある中で、女性におすすめなのがこちらの「クレイ重曹炭酸湯」。

肌荒れやしっしんを緩和するスキンケア効果に優れているので、肌トラブルを抱えている方にぴったり。ほのかな香りとにごり湯が、温泉気分を高めてくれる炭酸入浴剤です。

 

高濃度炭酸入浴剤の作り方

重曹

高濃度炭酸入浴剤の作り方は非常に簡単!用意する材料は、重曹とクエン酸のみです。

■150Lのお湯(半身浴できるくらい)に対しての分量
・重曹:250g
・クエン酸:210g

■やり方

重曹をお湯に溶かして、クエン酸を投入して良くかき混ぜれば出来上がりです。

■注意点

・重曹とクエン酸は、食品としても使えるものを使用します。中には掃除用として販売されているものもありますが、直接肌に触れますし、場合によっては口の中に入る可能性もあるので、炭酸入浴剤には必ず食用タイプを選びましょう。

・炭酸ガスは、お湯の温度が高いほど溶けにくいという性質があります。お湯を張る時は、少々ぬるめの38度くらいにしてください。

・肌に細かい泡がびっしり付着していれば、高濃度になっている証拠。お湯をかき混ぜたり、追い炊きをすると濃度が薄くなるので、なるべく静かに湯船に浸かりましょう。


炭酸入浴剤入りのお風呂でゆったりした時間を過ごすことができれば、次の日の活力にもつながります。ぜひ、自分に合った炭酸入浴剤を見つけて、いつまでも美容と健康をキープしましょう!