BEAUTY

下半身太りの原因は骨盤が広いから?広い骨盤を矯正する方法

「ジーパンを履くときに、ウエストはピッタリなのに太ももがパツパツ」なんて経験はありませんか?下半身太りの原因として、骨盤の下の大転子という骨が外側に出っ張っていることがあげられます。大転子の出っ張りは、生まれつきのものではありません。下半身太りを解消できるとされている、大転子を引っ込めるエクササイズをご紹介します。正しい歩き方や、大転子の出っ張り予防も確認しましょう。毎日コツコツ継続して、気になる下半身をスッキリさせてくださいね。

 

広い骨盤は大転子の出っ張りが原因?

「上半身はあばら骨が浮きでているのに、下半身はぽっちゃり」という悩みを持つ人はいませんか?とくに骨盤が広い人は、下半身が太って見えるデメリットがあります。

ただ骨盤が広く見える人は、大転子という骨が横に出すぎていることが多いです。大転子とは股関節の横のあたりにある骨で、出っ張りすぎていると骨盤も横に広く見えます。

大転子の骨は、外側に出すぎていると、その分骨の周囲に脂肪がつきやすくなります。そのため骨盤が広く見えるだけでなく、実際に下半身デブに見えるのです。

大転子はストレッチやエクササイズによって、元の位置に引っ込められます。体重のわりに下半身太りで悩んでいる人は、ぜひエクササイズに挑戦してみてくださいね。

 

お尻の筋肉が弱まっていることが原因であることも

お尻

広い骨盤の原因としては、大転子の出っ張りだけでなく、お尻の筋肉が痩せてしまっていることも考えられます。お尻の筋力が弱まると、お尻が下に下がることで、骨盤が横に広がりがちになります。その結果、お尻や太ももの外側に脂肪が付きやすくなって下半身太りして見えることになるのです。また、下腹が前にも出やすくなり、これも骨盤が広がって見える原因になります。

日本人は特にお尻の筋肉が弱いのが特徴。筋トレをする他、日常生活でもお尻の筋力の低下につながる習慣をやめるようにしましょう。例えば、足を組むと内ももの筋肉が弱まることでお尻も伸びてしまったり、頬杖を付くと背中が丸くなることで骨盤が傾きお尻が下垂してしまったりしまいます。座っているときの何気ないくせでもお尻の筋力の低下を招くので注意しましょう。

 

広い骨盤の原因となる大転子を矯正!自宅でできるエクササイズ

大転子が出ている場合は、引っ込めるエクササイズが効果的です。テレビを見ながらでもできる簡単なエクササイズなので、ぜひ毎日やってみてください。スキマ時間に簡単にできるところがポイントです。すぐに効果がでなくても、焦らずにコツコツと行いましょう。

■開脚ストレッチ
1. 床に座り、脚を開けるところまで開きます。
2. 息を吐きながら、ゆっくり前屈してください。
3. 筋肉の伸びを感じましょう。
4. 息を吸いながら、ゆっくりと元の姿勢に戻ってください。
5. 5~10回くり返します。

開脚ストレッチはももの内側の筋トレにもなるので、脚痩せ効果を得るために毎日行いましょう。

■大転子プッシュ
1. 両脚を肩幅に開いて立ちます。
2. 両手を右脚の大転子にあてます。
3. 右脚の大転子を両手で10秒間プッシュします。このとき左足のつま先は、右足と左足が90度になるように外側に向けておいてください。
4. 左脚も同様に行います。

■股関節ゆらし
1. 両脚を、肩幅よりも少し広めに開いて立ちます。
2. 右脚の大転子に右手をあて、手で大転子を押しながら、骨盤を左にスライドさせてください。
3. 上半身は右に傾く形になります。右ももの内側が、伸びているのを感じられればOKです。
4. 右を8回、左を8回くり返します。

■お尻歩き
1. 脚を伸ばした状態で床に座ります。
2. 背筋を伸ばし、爪先は上向きになるように意識します。
3. 腕を振りながら、腰をひねって骨盤を押し出すようにしてお尻を持ち上げて前に進みます。
4. 右ひじが前に出るときは右のお尻、左ひじが前に出るときは左のお尻を前に出して、交互に10回くり返します。
5. 同じように今度は後ろに下がるように10回くり返します。
6. これらを1セットとし、3セット続けます。余裕があるなら回数を増やしましょう。

 

骨盤が広い女性におすすめのスカート【1】ベルト付きスカート

流行中ですが、骨盤の広さを強調しがちなのが、ふわっと広がるフレアスカート。そんな骨盤が広い女性が苦手とするフレアスカートでも、ベルト付きのデザインなら、ウエストにアクセントが付くことでメリハリが付いて、スタイルアップして見えます。

また、ハリ感があり、厚めの生地のものを選ぶのも、骨盤の広さを目立たせないポイントです。反対にニットなどボディラインにフィットするような生地はそのまま骨盤の形を拾ってしまいがちなので注意しましょう。また、薄い生地のフレアスカートやプリーツスカートも骨盤に合わせて広がってしまいやすいので、避けましょう。

 

骨盤が広い女性におすすめのスカート【2】タイトスカート

腰のラインを拾うので、骨盤の広さが目立つのではないかと思いがちなタイトスカートですが、タイトスカートこそ骨盤が広い女性に似合うデザイン。特に、ストンとした形ではなく、裾に向かってすぼまったシルエットのものは、女性らしい曲線を描くことになって骨盤が広い女性にはぴったり。

ボディラインに沿うのが気になる、という場合はトップスにボリューム感があるものを持ってくると、チャレンジしやすくなります。また、ペプラムシルエットのものを合わせると、ウエスト位置が高く見えてさらにバランスがよくなりますよ。

腰周りを隠すために長めトップスを選ぶこともあるかもしれませんが、お尻が半分隠れるくらいの長さだと、かえって寸胴に見えてしまうので注意しましょう。骨盤に少しかかるくらいの長さがおすすめです。

 

骨盤が広い女性におすすめのスカート【3】トレンチスカート

生地にハリ感があって、骨盤が広くても広がりにくいのがトレンチスカート。フロントボタンが付いていて、腰周りから視線が反れる上、Iラインも強調されてすっきりして見えます。また、太めベルトもウエストマークをしてメリハリのあるシルエットを作ってくれますよ。

 

骨盤が広い女性におすすめのスカート【4】プリーツスカート

骨盤が広いとスカート自体が広がってしまいがちなプリーツスカートですが、プリーツが腰の下から始まるようなデザインなら、きれいに履くことができます。また、プリーツも細かいものではなく幅が広めのものを選ぶのもポイント。プリーツ幅が広いと、生地が重なる部分が多くなり、体型カバーしやすくなります。

 

大転子の出っ張りを解消して骨盤を矯正する歩き方

骨盤矯正のためには、歩き方も重要です。まず、姿勢は猫背にならないよう注意してください。そしてガニ股や内股にならないよう、つま先がまっすぐ前を向くように歩きましょう。

歩くときはお腹に力を入れ、引き上げるイメージで、一本の線の上を歩くようにしてください。そして、足はかかとから着地するように意識しましょう。

普段、ヒールの高い靴ばかり履く人は、かかとからの着地ができません。スニーカーやバレエシューズなど、ぺたんこの歩きやすい靴を履くのがおすすめです。

 

大転子の出っ張り予防で広い骨盤とサヨナラしよう

下半身痩せしたい人は、大転子を引っ込めるエクササイズをするのも大事ですが、大転子が出ないよう予防することも大切。知らないうちにやっている習慣や仕草を直して、下半身を痩せやすくしてくださいね。以下のNG仕草をチェックしてみましょう。

・脚をくむ
・あぐらをかく
・横向きに座る
・立つときに片方の脚に重心を置く
・ガニ股で歩く
・イスにもたれる

家にいるときに、つい脚をくんだり、あぐらをかいたりしていませんか?ほとんどクセになっている人もいるでしょう。ただ美脚のためには、直したほうが無難です。

イスにダラーンともたれるのも、実はNG。イスには深く座って、足の裏をしっかり床につけ、お腹に力をこめるようにしてください。そうすれば、イスの背にもたれなくても、長時間楽に座っていられます。大転子の出っ張り予防に、普段の座り方や歩き方のクセを直しましょう。


下半身太りの原因ともなる、大転子の出っ張りの解消法をご紹介しました。大転子が出っ張っていると、骨盤が広く見え、脚に余分な脂肪がつきやすくなります。また脚の血流が滞るので、冷え症が悪化することも。

下半身太りが気になる人は、ぜひ大転子を引っ込めるエクササイズを実践してみてくださいね。ベルトやスリッパなどの、骨盤矯正グッズと併用してもいいでしょう。また正しい姿勢で座ることや、歩くことも意識してみてください。コツコツと毎日行って、スキニーデニムやタイトスカートが似合う、スラッとした脚を手に入れましょう。