BEAUTY

ママになってもキレイなおなか♡ 妊娠線を予防するクリームを厳選

おなかが大きくなるほど、わが子の成長を感じることができるのでとても嬉しいですが、その分徹底的なケアも必要になってきます。それは、妊娠した2人に1人の女性ができてしまうと言われている妊娠線対策です。
そのために効果的なのが妊娠線クリームですが、正直「どのクリームがいいのか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、妊娠線を予防するクリームを厳選してご紹介します。

 

妊娠中はなぜクリームが必要なの?

妊娠線とは、妊娠中の腹部の皮膚に見られる長紡錘状の線で、皮膚を作っているいくつもの層の最下層にある「真皮」が亀裂することでできてしまう線のことです。
妊娠5ヶ月頃からおなかの赤ちゃんとともに、おなかも大きくなっていくので、急激な変化についていけずに亀裂してしまいます。

妊娠線ができない女性もいるのですが、2人に1人の女性はできており、産後は薄くなるものの消えることはないといわれています。出産後もキレイなお腹を守るためには、妊娠4ヶ月頃からクリームで保湿をしながらマッサージをしてケアをしてあげることが大切です。

真皮まで潤いを届けて、水分を保つことができれば、肌の柔軟性や弾力性を保つことができるので、今はまだ妊娠線がないからと安心せず、前もってケアを始めていきましょう!

 

妊娠線を予防するクリームの選び方

妊娠線を予防するクリームを購入するときは、下記のポイントを見て選んでみてください。

■低刺激処方で信頼できるもの
妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、肌も敏感な状態になっています。
ですので、低刺激処方と記載されている肌に優しいクリームを選ぶことがポイントです。

■高い保湿効果のある成分が含まれている
真皮まで潤いを届け、しっかり保湿するためには保湿効果の高い成分が配合されているクリームを選ぶことがポイントです。
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれていることを確認してみてください。

■続けやすい価格である
妊娠線を予防するためには、妊娠4ヶ月頃から出産するまで毎日使い続けることが大切です。
ですので、続けやすい価格であるかどうかも注目してみるといいでしょう。

 

妊娠線を予防するおすすめクリーム①Natural Science ナチュラルマーククリーム

Natural Science(ナチュラルサイエンス)のナチュラルマーククリームは、妊娠中のデリケートな肌のために生まれた妊娠専用のボディクリームです。

助産師さんや先輩ママさんの協力で開発されたアイテムなので、妊娠中の悩みをピンポイントでサポートしてくれます。

アルガンオイルやツボクサエキス、スーパーヒアルロン酸、2種のセラミドなど、肌の潤いを保ちながら、しなやかな肌へ整えてくれます。産後はママだけでなく、赤ちゃんも一緒に使うことができますよ♪

Natural Science ナチュラルマーククリームお得用(リースボトル)

¥7,850

販売サイトをチェック
 

妊娠線を予防するおすすめクリーム②AFC mitete マタニティクリーム

AFC(エーエフシー)のmitete マタニティクリームは、女性100人の声から生まれたクリームです。たっぷりの葉酸を配合していることが特徴で、急激に変化するお腹部分の肌のめぐりをサポートしてくれます。

ですので、妊娠線の予防だけでなく、できてしまった妊娠線のケアにも最適です。
また、ネロリの香りでリラックス効果も期待することができますよ♪

AFC mitete マタニティクリーム

¥3,024

販売サイトをチェック
 

妊娠線を予防するおすすめクリーム③BELTA ベルタマザークリーム

BELTA(ベルタ)のベルタマザークリームは、スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンといった高品質の美容成分を3種類配合しているクリームで、潤いのキープ力がすごいと大好評のアイテムです。

高い保湿成分に加えて、無添加、無香料で、5種類のオーガニック原料を使用しているのでデリケートな肌も優しく包み込んでくれます。

それだけでなく、産後の肌を引き締める効果も期待できるので、ママになってもキレイなおなか作りをサポートしてくれるでしょう。

BELTA ベルタマザークリーム

¥6,980

販売サイトをチェック
 

妊娠線を予防するおすすめクリーム④NOCOR ノコア アフターボディ トリートメントクリーム

NOCOR(ノコア)のノコア アフターボディ トリートメントクリームは、名前の通りアフターケアのことを考えて開発されたクリームであることが特徴です。

妊娠線を予防しながら、産後のケアも手厚くサポートしてくれます。そのヒミツは、合成界面活性剤やアルコールなど、肌へ刺激となるものを省き、生シアバターやアボカド、ベントナイトなどの天然由来成分やオーガニック原料でできていることにあります。

とことん肌への優しさを追求したようなクリームで、初めての購入なら10日間の全額返金保証もあるので安心して手に取ることができます。

NOCOR ノコア アフターボディ トリートメントクリーム

¥6,980

販売サイトをチェック
 

妊娠線を予防するおすすめクリーム⑤Pigeon 保湿ボディケアクリーム

Pigeon(ピジョン)の保湿ボディケアクリームは、1日1回のケアで24時間潤いを保ってくれるクリームです。

産婦人科医や助産師さんのアドバイス、先輩ママさんの声を元に開発されたクリームで、「つわりが酷くても、1日1回でいいので使い続けることができた」という嬉しい声が多く届いています。

Pigeonは哺乳瓶などのベビー用品を扱うトップブランドであり、安全性を第一に考えているので、Pigeonのベビー用品を用意しているママも多いのではないでしょうか。
べたつきが少ないので使い心地もよく、手に取りやすい価格であることも嬉しいポイントです。

Pigeon 保湿ボディケアクリーム

¥2,916

販売サイトをチェック
 

妊娠線クリームの塗り方

妊娠線クリームは、最低でも1日に朝と夜塗ることがおすすめされています。クリームの中には、1日1回でもいいタイプもあるので、使い方を確認してから取り入れるようにしてくださいね。

そして基本的な塗り方は、下記の手順になります。
①手のひらにたっぷりとクリームを出したら、もう片方の手のひらを重ねてクリームを伸ばしながら軽く温めます。
②下腹部から手のひら全体で胸の下まで撫でるように塗ります。
③次に、おへそを中心にわき腹のほうへ外側に優しく広げていきます。
④最後に、お腹を時計回りにぐるっと円を描いて終わりましょう。

お風呂上りは身体が温まり、クリームに含まれている成分が浸透しやすくなっているので、お風呂から出たら使うことがおすすめです。


おなかが大きくなる前からケアを始めることと、緩やかな体重増加を心がけることで、妊娠線を少しでも予防することに繋げることができます。
それだけでなく、毎日ケアをしておなかに触れることで、おなかの赤ちゃんともスキンシップをとることができるので、とても大切な時間を育むことができますよ♪
自分に合ったクリームを見つけて、充実したプレママライフを過ごしていきましょう。