LIFE STYLE

2017-06-18

男性の前で緊張してしまう方へ。会話が弾むテクニック5つ

♡ 324

男性と仲良くなるためには、楽しい会話をしたいものですが、何を話そうか迷ってしまったり、変なことを話してしまったら……などと頭で考えすぎてしまい、不自然な会話になってしまった経験はありませんか?

今回は、男性との会話を弾ませるテクニックをご紹介します♡
もし会話で困った際は参考にしてみてくださいね♪

【会話が弾むテクニック①】相手には質問を

話そう、話そうと思うと不自然になってしまうのは、仕方のないことです。
緊張したり、人見知りしてしまうのは、決してだめなことではありません。

相手も、それでおかしいと思ったりすることはありませんし、むしろ、その様子を可愛いと思うかもしれません。

慣れるまでは、相手に、英語でいう5W1H(when、where、what、who、why、how)のつく、「いつ、どこで、何を、誰が、なぜ、どんな」などを質問していくと、自然と会話が弾みます♪

相手の話に相槌を打ったり、感心したりと、簡単な相槌やリアクションでも、会話は十分弾んでいきます。

相手に聞かれたことを答えてから、その質問をまた逆に相手に返すのも効果的です。
まずは、聞き上手になることを心掛けたいですね♡

【会話が弾むテクニック②】否定する言葉は避ける

「でもさ」「違うよ」など、相手の話していることを否定ばかりするのは、慣れるまではあまりしない方が良さそうです。

良かれと思って言ったとしても、相手は恥ずかしい思いをして話しにくくなってしまいますし、話す内容も考えてしまうようになり、会話も弾まなくなってしまう恐れが……。

全て肯定する必要はありませんが、なるべくなら、相手をあまり否定しないような会話を心掛けたいですね♡

【会話が弾むテクニック③】リアクションは大切

オーバーすぎるリアクションはわざとらしくなってしまいますが、「へぇ」「すごいね!」「おもしろい」など、相手の話に対してのリアクションは少し大きめの方が会話が弾みます♡

相手も、あなたのリアクションが良いと、話がウケていると喜んでくれますし、自分に共感してくれる、感性が似ていると感じて、距離が縮まりそうです。

ウソを言う必要はありませんが、大きめのリアクションは、会話を弾ませるのには有効です。

【会話が弾むテクニック④】出身地やローカルなネタ、趣味、ペットの話

彼の出身地や自宅の近くの駅の話、オススメの観光スポットやおいしいお店、おもしろい友達や学生時代の話、ペットの話などは、会話が弾む定番のネタですね。

また、趣味の話も、会話が弾むネタとしてはオススメです。

例えあなたが知らない内容のことでも、「おもしろそう」「興味がある」「かわいい」と、相手の話に関心を持つことで会話は弾みます。

もし共通の話題があれば、そこからは会話を盛り上げていけそうですね♡

【会話が弾むテクニック⑤】会話の量は気にしない

お互いに会話をする上では、話す量はあまり関係がありません。

会話がずっと途切れずにいるのは、気まずい雰囲気になりませんが、お互いにじっくりと話すことでも、心の距離は縮まります。

ただし、相手が聞き取りにくかったり、わかりにくくならないよう、早口になったり、色々話そうと詰め込みすぎることは注意したいですね。

また、たとえ相手が知らない人のことであっても、悪口やネガティブすぎる話はやめましょう。
男性との会話は、相手の反応が気になってしまって、なかなか思うように話すことができないこともあります。
しかし、会話は心の距離を縮めるチャンスの場でもありますので、焦らずに、ゆっくりと慣れていきたいですね♡