HAIR

忙しい朝でも"きちんと感"。簡単おだんごヘアアレンジ

忙しい朝のスタイリングって面倒くさいですよね。
かといって、ストレートや巻き髪にしようとしても、結局寝癖をなおさなければならないので、アップスタイルなどのヘアアレンジの方が意外と楽なことも。

そんな中で一番オススメなのは、やっぱりおだんごヘアアレンジ。
くるくるっとまとめるだけなので、時短できちんと感が出るのがメリットです。

今回は、おしゃれで簡単にできるおだんごヘアスタイルをご紹介します。
日によって様々なおだんごヘアを楽しんでみてくださいね。

 

ふわっと感がかわいい!ユニークなおだんごヘア

いつものおだんごヘアに飽きてしまったら、ふわっと感が決め手のおだんごヘアに挑戦してみませんか?

抜け感があり優しい印象になるので、いつもポニーテールやおだんごヘアをしている方も違った印象になるかもしれません。

オフィスカジュアルスタイルやレディなコーディネートにぴったりです。
また、顔周りもスッキリとするので、大きめのピアスやイヤリングを合わせてみると◎

ハーフアップをする時の要領で髪の毛を上下に分け、上の毛を中心から2回折り曲げて結びます。
このとき、しっかりとコームでとかしながらではなく、ざっくりと結んで大丈夫ですよ。

顔周りに残したい部分の髪の毛があれば、一緒にアレンジしてしまわないように、この時点で残しておくと良いでしょう。

画像のようにリボン風になるように曲げます。

結んだ状態がこちら。

ちょっと見た目は良くないですが、後ほどここからまたアレンジするので大丈夫ですよ。

輪っかの部分にクリップを通し、仮留めします。

残しておいた方の下の髪の毛も同じように2回折り曲げて結びます。
この時に、片方の襟足を少しだけ残して結ぶのがポイントです。

上の仮留めをとります。
髪の毛がほぐれないように、ゆっくり仮留めをほどきましょう。

残しておいた部分の襟足を三つ編みにしていきます。
細かい三つ編みになると思うので、後ほど少しだけほぐしてラフな三つ編みにしても良いですね。

指先にワックスを少量つけてまとまり感を出しながら三つ編みにしましょう。

先ほど作った2つのお団子の中心部分に巻きつけて、リボンのようにしていきます。

根元に見えないようにピンで固定しましょう。

お団子部分や頭頂部など、全体をほぐしてラフ感を出していきます。

バレッタやかんざしヘアアクセサリーをプラスして、華やかさを出しても可愛く仕上がります。

ゆるっと感が気になる方は、ところどころ髪の毛をピンで固定すると、少しボリュームを抑えることができますよ。

 

ツインテールだけでできる!ツイストおだんごヘア

三つ編みをするのも面倒くさいと感じている方もいるはずです。

そんな方は、結ぶ・ねじるの2つの工程だけでおだんごヘアを作ってみては?
誰でも簡単にできるおだんごヘアをご紹介していきます。

まず、後ろでツインテールにします。
綺麗にツインテールにするポイントは、先がとがったコームでなぞって2つに分けること。

このとき、ツインテールの位置をできるだけ近くにすると、このあとのアレンジがしやすくなりますよ。

毛束を片方ずつツイストして、先をゴムで結びます。
ツイストは後ほどゆるくなってしまうので、きつめにするのがコツです。

もう片方も同様にツイストしてゴムで留めます。

まず右側のツイストを左のツイストの根元に巻き付けるようにしていきます。

ぐるっと巻いたら、右側のゴムの根元にピンで固定します。

髪が短い方は、右側のゴムの方までいかないと思うので、毛先が伸びるところまで伸ばして毛先をピンで固定してくださいね。

左のツイストした毛束は、右方向にぐるっと回してピンで固定します。

カジュアルにしたいのなら、バンダナをカチューシャのように巻いて、レディな雰囲気にしたいのならバレッタなどをつけても良さそうです。

ヘアスタイル自体にボリュームがあるので、ネックレスやピアス、イヤリングは控えめなものにするとバランスがとりやすくなりますよ。


 

使うのはUピン2本だけ!初心者でもできるおだんごヘア

ヘアアレンジ初心者の方は、アメピンを使いこなすのが難しいですよね。
そんな方は、Uピンなら簡単にアレンジできるかもしれません。

ここからは、Uピン2本さえあればできるおだんごヘアアレンジをご紹介します。

耳の位置くらいでポニーテールをつくります。

このとき、細いゴムだとほつれやすくなってしまうため、できればしっかりと結べるゴムで結ぶのがポイントです。

ポニーテールした髪の毛を2つに分け、ツイストしていきます。

そのまま左方向に根元に沿って巻きつけていきます。

この時にUピンで髪の毛を留めるのですが、Uピンを地肌に沿ってジグザグして留めるのがポイントです。

ジグザグに留めることで、Uピンがより髪の毛に絡まり、崩れにくくなります。

残った毛先も巻きつけ、Uピンで同じようにジグザグに留めていきます。

 

Uピン2本でゆるアップヘアもできる!

Uピン2本でできる髪型は、おだんごだけではありません。
ゆるふわなアップヘアもできちゃうんです。

おだんごに飽きたら、こちらも試してみませんか?

先ほどと同じように、ポニーテールの髪の毛を2つに分け、今度は半分の位置までねじってストップさせます。

髪の毛を巻きつけ、毛先を長めに残したらUピンで留めていきましょう!

この時も、地肌に沿ってジグザグを描くようにして留めると良いですよ。

画像のようにUピンの片方を折ってから留めると、髪に絡まりやすくなり、よりしっかり固定されます。

ピンをとる時は少し痛いかもしれないので、ゆっくりとるように心がけてくださいね。

髪の毛に絡みつけるようにピンで留めていきます。

Uピン2本だけでゆるふわアップヘアに!
こんなに素敵なヘアスタイルが簡単にセルフでできるなら、試してみたくなりますよね。

大人っぽいヘアアレンジなので、オフィススタイルにも合いそうです。



簡単にできるおだんごヘアスタイルをご紹介しました。
おだんごヘアスタイルは、寝癖がついたままでも綺麗にまとまりますし、様になります。

難しそうに見えて意外と簡単ですし、ヘアアクセサリーをひとつプラスするだけでも、かなりオシャレに見せてくれるんです。

苦手な方は休日などに練習して、ぜひマスターしてくださいね。