BEAUTY

手のシワには毎日のケアが効果的!改善法やおすすめのハンドクリーム

若いのに手がしわしわになるのはなぜ?と疑問をお持ちの女性は多いです。手にシワが多いのはそれなりの原因あり。今回は、手の老化を防ぐには?効果的な改善法はあるの?など、手をふっくらさせる方法についてご紹介します。

 

手にシワが出やすいのはなぜ?【1】バリア機能が弱い

女性の手

手の甲の皮膚はかなり薄いのをご存知でしょうか?

一般的に薄いと言われている顔の皮膚は、表皮が0.1~0.3mm程度。真皮を含めても1~3mmといった薄さです。


手の甲の皮膚はそれよりもさらに薄く、顔の中でも最も薄いとされている目の周りの皮膚と同じくらい。その割にはケアを怠りがちな部位であることが、シワができやすい一番の原因。

さらに、皮下脂肪も少なく、体脂肪率でいえば5%と同等。手の甲をつまんでみるとわかるように、余分な肉がありません。

体の中でも最も皮膚が薄い割によく使う部位なので、入念にケアが必要ということです。

 

手にシワが出やすいのはなぜ?【2】紫外線の影響を受けやすい

紫外線を浴びる手

手の甲は、冬場でも衣服に覆われることなく年中紫外線を浴びている状態。となれば、1年中紫外線対策をしなければ、当然日に焼けます。

ただでさえ皮膚が薄くバリア機能が弱いのに、紫外線によるダメージを受ければターンオーバーのサイクルも狂いがち。それがさらに手のシワを増やす原因です。

生活紫外線UV-A(日々の何気ない紫外線)を浴びることで、真皮の中に存在するコラーゲンやヒアルロン酸などにダメージを与えるのは間違いありません。その結果、手にシワができたり、血管が浮き出やすいという症状が現れます。

 

手にシワが出やすいのはなぜ?【3】水や洗剤に触れる機会が多い

アルコール除菌をする女性

日本人は昔から、外から帰ったら手を洗いなさいと教育されてきました。また、海外に比べて食器洗浄機のシェアが少なく、洗い物は手でするのが習慣になっている人が圧倒的に多いです。

刺激の強い成分が配合されている洗剤が、手の皮膚のバリア機能にダメージを。また、手を洗った後にしっかり水分を拭き取らないと、余計に乾燥してシワの原因となります。

 

手にシワが出やすいのはなぜ?【4】ターンオーバーのタイミングが遅い

顔の肌と手

体の皮膚はすべてつながっていますが、部位によって強度や厚さに違いがあり、ターンオーバーの周期にも差があります。

顔の皮膚は10代・20代であれば約1ヵ月。アラフォー世代になると55日程かかることも。手の甲は顔よりも周期が長いので、一度できてしまったシワはなかなか治りにくいというのも原因のひとつです。

 

手のシワにアプローチをするハンドケア

手のマッサージをする女性

クリームなどで保湿しながらマッサージをすれば、シワや指のむくみが解消されます。

1.手全体に保湿クリームを塗ります。

2.片方の指を1本ずつ、根元から指先まで軽く引っ張ります。

3.それぞれの指を、小指の方向に向かって傷みがない程度にねじります。

4.それぞれの爪の付け根付近を軽くもみほぐします。

5.指の間を痛気持ちいい程度にもみほぐします。

6.すべての指を手の甲側に反らせて、数秒間キープします。

 

手のシワを防ぐ生活習慣【1】UVケアはマスト!

手のUVケア

手のシワを防ぐために、UVケアはマスト。手が老ける最大の原因は紫外線だと言われているので、顔と同じように徹底しましょう。

洗濯物を干したり、日の当たる部屋の中にいるだけでも紫外線の影響があるので、仕事の時はもちろん休日も毎朝ケア。手を洗ったり、洗い物をした後はすぐにUVクリームを塗りましょう。

クリームを塗るのが面倒であれば、手の甲が隠れるアームカバーを活用するのもありです。その場合も、UVカット効果が高いものを選んでください。

 

手のシワを防ぐ生活習慣【2】水気を残さないこと

手を拭く女性

洗顔、食器洗い、お風呂など、水を使った後はすぐに手を拭いて水気を残さないようにするのがポイント。できればハンカチではなく、吸水性が高いタオルがおすすめです。

さらに、石鹸や洗剤を使用する時は、成分が皮膚に残らないようにしっかりと洗い流します。

冬場はお湯を使うこともありますが、皮膚のためにはできるだけぬるま湯がおすすめ。あまりこすらないように優しく洗います。水気を拭いた後は、必ずハンドクリームでの保湿も忘れずに。

消毒のためのアルコールが置いてあるところもありますが、痒みや赤みが出る場合は使用を控えた方が良いです。

 

手のシワを防ぐ生活習慣【3】寝る時もケアを

ベッドと手袋

寝ている時の乾燥から手を守るのも、手のシワを防ぐひとつの方法。

保湿に効くハンドクリームを塗ってからナイトグローブをすることで、効果がアップして手の皮膚を保護。特に冬場になると手荒れがひどくなるという方にはおすすめです。

 

手のシワに効果的なハンドクリーム

ハンドクリームを塗る女性

■ビタミン系ハンドクリーム

ビタミンCやEが配合されたクリーム。いわずと知れた美肌効果がある成分ですが、それだけでなく血行促進にも効果的です。

■ヒアルロン酸配合ハンドクリーム

保湿成分であるヒアルロン酸は、水分と油分のバランスを整えて乾燥しにくい皮膚に導いてくれます。セラミドなどの美肌成分もプラスされている市販のハンドクリームは、まさに手が若返るハンドクリームと言えます。

■尿素系ハンドクリーム

指の先が割れたり、手の皮膚が硬くなっているという人に試してほしいのが尿素配合のハンドクリーム。ただし、使いすぎも良くないので、記載事項を確認してからにしましょう。

■ワセリン

ハンドクリーム代わりにワセリンを塗る人も多いです。皮膚を守り、外部からの刺激にも強いのがメリット。様々な部位に使えて便利です。


毎日しっかりケアをすれば、手のシワともサヨナラ!手は年齢が出る部位なので、いつまでも若々しくいられるように是非ご紹介した生活習慣や対策法を試してみてください。