BEAUTY

口紅の正しい塗り方は?流行りの塗り方や韓国風リップの作り方も!

口紅はメイクの主役になったり、顔の美しさを引き立てたりしてくれるコスメ。塗り方で印象が変わりますが、意外と正しい塗り方は知られていません。ここでは、口紅を塗る時のポイントや初心者でもできる口紅の塗り方などをご紹介します。

 

口紅の塗り方のポイント

口紅はメイクの印象を左右するコスメ。正しい方法で口紅を塗ると、美人度がアップします。

ところが、「口紅の塗り方を知らない」「リップメイクに自信がない」という女性は意外と少なくありません。まずは、絶対に押さえておきたい口紅を塗る時のポイントをご紹介します。

■リップラインを取る
あえてラフな雰囲気を出したい時以外はリップラインを取りましょう。リップラインを取ってから口紅で内側を埋めると、きっちりとした印象になり、清楚感もアップします。

■口角まで塗る
口紅は口角までしっかりと塗るのも大切です。口角に口紅を塗れていない女性は多いですが、唇の端に口紅が付いていないと、雑なメイクに見えてしまいます。

■山の形はイメージに合わせて
唇の山の形はなりたいイメージに合わせて変えましょう。仕事などできちんと感を出したい時は、角を付けてきりっとした輪郭を作ってください。

デートなどで色っぽさを出したり、甘めに見せたりしたい時は、山の角を丸めてオーバーリップ気味に輪郭を取るのがおすすめです。

 

今流行りの口紅の塗り方▶ラフな直塗り

口紅を塗っても垢抜けないと感じている人は塗り方を変えてみましょう。今、流行っている口紅の塗り方を見ていきます。

■直塗りでラフに
トレンドはラフなイメージのリップメイク。口紅は直塗りした後、輪郭を指でなぞってぼかし、抜け感を出します。

■ダークトーンはティッシュオフ
今はブラウンやボルドー、バーガンディなどダークトーンの口紅が流行っています。ダークトーンの口紅はインパクトが強いので、唇に直塗りしたら、ティッシュオフして余分な口紅を落としましょう。

ティッシュオフすると、色味が抑えられるので、存在感が強い色の口紅も他のメイクに馴染みます。

 

韓国風の口紅の塗り方▶グラデーションリップ

最近は、美容大国・韓国でも流行っているグラデーションリップも人気。内側から外側に向かって薄くなるグラデーションリップは立体感を強調したり、唇を小さく見せてくれたりします。

■口紅とクリアグロスを使う方法
1.肌に馴染む色のコンシーラーで唇の色を消す
2.口紅を唇の中央に塗る
3.上下の唇を合わせて口紅と境目をぼかす
4.口紅を塗った部分と境目を指の腹でポンポンと叩く
5.クリアグロスを唇全体に塗る

■グラデーションリップ用の口紅を使う方法
1.肌に馴染むコンシーラーで口紅の色を消す
2.内側が濃い色、外側が薄い色になるように口紅を直塗りする
3.クリアグロスを唇全体に塗る

 

初心者向けの口紅の塗り方

メイクを始めたばかりの中学生や高校生、メイクに自信がない人は基本の口紅の塗り方をチェックしておきましょう。メイク初心者でも美人になれる口紅の塗り方をご紹介します。

■1.リップクリームを塗る
口紅を塗る前にリップクリームで保湿しておくと、化粧もちが良くなります。リップクリームは縦方向に塗ると、縦じわの溝にも成分を届けられます。リップクリームを塗り終わったら3分程度待って成分を浸透させ、ティッシュオフして余分な油分を取りましょう。

■2.口角や唇の山の上にコンシーラーを塗る
口角や唇の山の上に肌と同じかワントーン明るい色のコンシーラーを塗ります。コンシーラーを使うと、立体感がアップして口紅のきれいさも引き立てられます。

■3.リップラインを描く
唇の輪郭に沿うようにリップラインで輪郭を取ります。ぽってりとした口紅を作りたい時は少しオーバー気味に輪郭を描きましょう。

■4.口紅を塗る
口紅を1㎝程度だし、上唇の口角にカット面を当てて山に向かって輪郭の内側を塗りつぶします。中央まで塗りつぶせたら、反対側も同様に口角から山までを埋めましょう。下唇も同じように端から中央に向かって口紅を塗ります。

最後に上下の唇を合わせて口紅を馴染ませましょう。

 

<タイプ別>口紅の塗り方【1】スティックタイプ

スティックタイプは最も一般的な口紅。直塗り以外にリップブラシや指を使う塗り方もあります。

■リップブラシを使う方法
1.リップブラシにたっぷりの口紅を付ける
2.リップブラシでリップラインを取る。
3.輪郭の内側を埋めるように口角から内側に向かって口紅を塗る

■指で塗る方法
1.人差し指の腹に適量の口紅を取る
2.スタンプするようにポンポンと口紅を塗る

指でポンポンと塗ると、カジュアルな雰囲気のメイクになるでしょう。

 

スティックタイプのおすすめ口紅▶CHIFURE(ちふれ) 口紅

美容液と同じくらいの濃度でヒアルロン酸を配合したプチプラのリップ。唇にのせると、スーッと伸びてしっかりとフィットします。直塗りしてもブラシや指で塗ってもきれいに発色します。

CHIFURE(ちふれ) 口紅

¥378

販売サイトをチェック
 

<タイプ別>口紅の塗り方【2】クレヨンタイプ

クレヨンタイプは1本でリップライナーと口紅の役割を果たしてくれる便利なアイテム。口紅を塗る時のようにまずは輪郭を取り、次に内側を埋めるように口角から中心に向けて塗りましょう。

クレヨンタイプの口紅はリップライナーよりも先が太いので、カジュアルな雰囲気を演出できます。

 

クレヨンタイプのおすすめ口紅▶CLINIQUE(クリニーク) チャビー スティック モイスチャライジング リップ カラー バーム

使いやすいクレヨン型の口紅。マンゴーやシアバターなどのトリートメント成分がメイク中も唇に潤いを与えてくれます。先が細いので、口角などの細かい部分の塗り方に困っている人にもおすすめです。

CLINIQUE(クリニーク) チャビー スティック モイスチャライジング リップ カラー バーム

¥2,592

販売サイトをチェック
 

<タイプ別>口紅の塗り方【3】リキッド

リキッドタイプの口紅はぽってりとした口紅を作れるのが魅力。ブラシでも付属のアプリケーターでも塗りやすいです。

■リップブラシを使う方法
スティックタイプの口紅と同じように輪郭を取ってから、内側を埋めるように塗りつぶします。アプリケーターを使うよりも発色やボリュームを抑えられるので、落ち着いたメイクにマッチします。

■付属のアプリケーターを使う方法
他のタイプと同様に輪郭を取ってから内側を塗ります。リップがメインのメイクを楽しみたい時は、重ね塗りしてボリュームアップさせましょう。

 

リキッドタイプのおすすめ口紅▶MAQuillAGE(マキアージュ) エッセンスジェルルージュ

ツヤやうるおいのあるぷっくりとした唇を作ってくれるリキッドタイプの口紅。発色を長時間キープしてくれるので、化粧崩れが気になりにくいです。付属のアプリケーターを使えば、塗り方に迷うことなく立体感のある唇を作れるでしょう。

MAQuillAGE(マキアージュ) エッセンスジェルルージュ

¥2,484

販売サイトをチェック

口紅はメイクの仕上がりを決めるアイテム。いつものメイクを格上げしたい人は、正しい方法で口紅を塗るのがおすすめです。塗り方を変えれば、印象が変わって垢抜け美人を目指せるでしょう。