BEAUTY

背中のマッサージで全身スッキリ!背中をほぐす効果やおすすめ器具

背中は手が届きにくいこともあり、セルフでのマッサージを怠りやすいです。しかし放っておくと背中の凝りがたまってしまい、体のさまざまな場所に影響を及ぼします。そうならないためにも、日ごろからこまめに背中をメンテナンスしていくのが重要ですね。そこで今回は、背中をセルフでマッサージする方法やおすすめの器具をご紹介します。

 

背中は凝りやすい?

背中に痛みを感じている女性

普通に生活をしているつもりでも、突然背中に痛みを感じた経験がある方は少なくありません。実は背中は歩いたり立ったり、座ったりなどの当たり前の行動でも、疲労がたまってしまい、凝りとして表れてしまいます。

更に骨格のゆがみなどでも背中は凝り固まってしまい、自然と猫背になってしまうなどの悪影響にも繋がってしまうのです。

とういうのも、背中の筋肉は脚や腕と違って動かすことが少なく、気が付くと衰えてしまいがち。姿勢を支える筋肉も衰えていくので、疲労がたまりやすくなり、凝りとなってしまうのだそう。
背中の凝りが原因で、腰痛や肩こりが起きている可能性もあります。

 

背中のマッサージで期待できる効果

背中をマッサージしてもらっている女性

背中の凝りは広い範囲で影響が出やすいですが、マッサージを行うことでどのような効果が期待できるのでしょうか。

■肩こり解消
背中をマッサージすることで凝りがほぐれると、肩こりの解消へとつながります。これは肩の筋肉が背中にも通じているため、肩の凝りもほぐれやすくなるからです。同時に首の凝りにもアプローチしやすくなり、体が軽くなる方も多いです。

■腰痛対策
腰痛は背中の凝りが原因のことがありますが、マッサージで対策することもできます。背中の凝りをほぐすことで、筋肉もほぐれて腰痛の緩和につながるからです。ただしマッサージを強くすると悪化する恐れもあるので、腰痛がひどい場合はプロにマッサージしてもらうのが好ましいです。

■血行促進
背中の凝りをほぐすことで血行促進にもなります。肩こりや腰痛にアプローチして、体全体の血行を促してくれるでしょう。

 

背中のマッサージをセルフで行うには①ヨガ

背中は手が届きにくいので、セルフでのマッサージはなかなか難しいものです。しかし肩甲骨を中心に動かすように心がければ、背中のマッサージにもなるのでいくつかの方法をご紹介していきましょう。

一つはヨガを取り入れた背中のマッサージ。四つん這いの状態で呼吸と共に背中を丸めたり反らしたりすることで、マッサージの効果を得ることができます。

 

背中のマッサージをセルフで行うには②肩甲骨はがし

肩甲骨はがしは、肩全体の血行を促進するので肩こりの解消が期待できます。背中の筋肉にもアプローチするので、凝りがほぐれやすくなります。

方法は背中で手を合わせて合掌のポーズをするだけ。難しい方はお互いの腕を背中で掴む程度でもOKです。肩甲骨はがしは整体などでプロに施術してもらうことがほとんどですが、この方法をとればセルフでもマッサージが可能になります。

 

背中のマッサージをセルフで行うには③ストレッチ

背中は、ストレッチでも凝りをほぐすことができます。やり方も簡単なので、隙間時間に行うのが良いでしょう。

①立った状態で両手を体の前で組み、背中を丸めます。両手を前に押し出して、背中の筋肉のストレッチを感じながら10秒間キープします。

②背中を丸めて両手を体の前で組み、左右どちらか斜め前に身体を傾けて10秒キープ。片方も同様に行います。

③両手を頭の上で組み、立った状態で背伸びをして10秒キープします。

④立った状態で両手を頭の上で組み、片方に身体を傾けて10秒キープ。左右両方行います。

 

背中のマッサージでおすすめしたい器具①TRIGGERPOINT(トリガーポイント) グリッド フォームローラー

TRIGGERPOINT(トリガーポイント) グリッド フォームローラーは、セルフマッサージができる器具。筒状になっており、表面の凹凸で筋肉を刺激してマッサージできます。

素材はシリコンを使用しているので、身体への負担もなく使えるのが特徴。コロコロと転がすように背中をマッサージできるので、使い方も簡単です。

 

背中のマッサージでおすすめしたい器具②StretchPole(ストレッチポール) ストレッチポールEX

StretchPole(ストレッチポール) ストレッチポールEXは、スタンダードなタイプの器具。背中のセルフマッサージとして活用でき、クッション性も高いので扱いやすさも抜群です。

軽いので持ち運びもしやすく、自宅で背中のストレッチやセルフマッサージをするのにも向いています。

StretchPole(ストレッチポール) ストレッチポールEX

¥9,180

販売サイトをチェック

腰痛や肩こりなどを日常的に感じている方は、もしかしたら背中の凝りが原因になっていることもあるので、まずはマッサージを試してみるのも一つの方法です。特に最近は同じ姿勢を取っているという方も多く、知らず知らずのうちに背中の凝りを蓄積させてしまいます。ぜひセルフマッサージや器具を取り入れて、定期的に背中をメンテナンスしましょう。