BEAUTY

アイテープでくっきり二重に!バレにくい使い方やおすすめアイテム

手軽にくっきり二重が叶うアイテープ。愛用している方も多いですが、いまいち貼り方がわからずバレバレなのがお悩みという方も。今回は、アイテープの上手な使い方やおすすめアイテムをご紹介します。

 

アイテープとは?

アイテープとは、まぶたに貼るだけで二重のラインができるテープのこと。

二重にするアイテムといえば液体タイプの「アイプチ」が主流でしたが、最近は手軽なアイテープが人気。

液体タイプと違い、液の調整や乾かす時間も不要。初心者でも使いやすく、粘着力にも優れています。

不織布やポリエステル、医療衛生材料など、様々な素材が使われているのも特徴。テープの形が決まっていて、貼るだけでくっきり二重に!

最近では、ダイソーやセリアなど100均でも手に入るので、練習用に購入するのもおすすめです。

 

アイテープの特徴

■片面タイプ

片面だけが接着面になっているアイテープ。まぶたの上に貼って、テープにまぶたが重なることで二重になります。

使い方が簡単で、テープをつけている感がなく目の開閉も自然なのがメリット。

ただし、まぶたが厚いと二重になりにくかったり、まばたきをするとテープが見えてしまうことも。

皮膚が柔らかくて薄いまぶたの人や、二重の幅が日によって違う方におすすめです。

■両面タイプ

両面とも接着面になっているアイテープ。まぶたを折り重ねて貼りつけることで二重を作ります。

テープが隠れて目立ちにくいので、バレにくいのがメリット。

二重ラインが固定しやすいですが、接着面が狭くて目を閉じにくかったり、目を閉じた時につっぱり感がある場合も。

片面タイプで安定しない方や、厚くてハリがあるまぶたと相性が良いです。

■ファイバータイプ

細い糸状になっている両面アイテープ。まぶたに食い込ませて二重のラインを作ります。

伸縮性があり、まぶたに食い込んで貼りつくことで目立ちにくいのがメリット。

貼り方には少々コツがあり、慣れるまでは理想の二重を作ることができない場合あり。

接着面が狭いので、厚くてハリがあるまぶたの方は使えないことも。二重の幅が狭い方や、奥二重の方におすすめです。

■メッシュタイプ

最近話題なのが、メッシュ素材のアイテープ。水や専用のグルーを塗って貼りつけますが、仕上がりが自然で違和感が少ないのが特徴。

また、上からアイシャドウを塗ることもできるので、メイクの邪魔をしないのが嬉しい点です。

 

アイテープの使い方

アイテープは、種類によって使い方に若干違いがあります。初心者の方は、動画で確認しながら貼ってみてください。

 

片面アイテープの場合

片面アイテープの場合は、まぶたを接着しないのでナチュラルな二重に!目を閉じた時にラインが気にならないよう、しっかり奥に押し上げるのがポイントです。

1.まずは二重の幅を決めて、ラインのすぐ下にアイテープを貼ります。

2.付属のプッシャーでアイテープを押し上げるように接着させ、その上にまぶたをかぶせます。

 

両面・ファイバータイプの場合

両面アイテープは、接着面積が狭く目を閉じてもつっぱらないのが魅力。ライン決めがポイントになるので、慣れるまでは慎重に行ってください。

1.プッシャーでまぶたを押し上げながら二重の幅を決めます。目安としては4~6mmです。

2.二重のラインの上にアイテープを貼り、プッシャーで押し込みます。

3.仕上げにプッシャーでラインを整えます。

 

メッシュタイプの場合

メッシュアイテープは、上記の2種類とは少々使い方が違います。水を使って貼りつけるので、しっかりと乾かすことが仕上がりを左右するポイントです。

1.しっかり接着するように、まぶたの汚れを落としておきます。

2.ピンセットを使い、アイテープを台紙から剥がします。できるだけ端の方を掴みましょう。

3.霧吹きで水を均一に吹きかけます。少し離れた位置から2プッシュくらいが目安です。

4.あらかじめ決めておいた二重のラインのすぐ下に、アイテープをのせます。そのまま5秒間放置してまぶたになじませます。

5.乾いてきたら手を使ってなじませてもOK。完全に乾いたら、プッシャーでなじませながら目を開けます。

 

アイテープがバレるのはなぜ?

アイテープがバレてしまう主な理由は以下の通りです。

・二重の幅が広すぎる
・のりをつけすぎてダマになってしまう
・アイテープの色や幅がまぶたと合っていない

目を開けている状態ではバレなくても、目を閉じるとどうしても引きつってしまい、アイテープが目立ちやすくなります。

また、そもそも肌には存在しないものを貼りつけているので、角度によってテカる場合も。

アイテープは透明ではありますが、やはり、貼り方や角度によってテカりが目立ちバレてしまいます。

さらに、暑い季節はまぶたにも汗をかきますし、皮脂の分泌が盛んな方はヨレることも。時にはアイテープが取れてしまうこともあるので、汗や皮脂には注意が必要。

そもそも、アイテープは乾いた状態で使用することを前提として作られている商品。水分や油分の影響を受けないようにするのが、バレるのを防ぐ方法でもあります。

 

バレないアイテープの使い方

アイテープを貼る時は、事前にまぶたの水分と油分をきれいに拭き取っておくことがマスト。

そのひと手間によってバレないのはもちろん、接着力もアップして仕上がりにも影響します。

また、目の形やまぶたの幅は人それぞれ違うので、貼りつける前に必ずアイテープをまぶたに乗せてみることも大切。

アイテープが大きすぎる場合や、幅が広すぎる場合はハサミでカットして調節します。まぶたにフィットするように調節することで、より自然に仕上がり、バレにくくなるでしょう。

ちなみに、初心者の方は二重の幅を大きくし過ぎないことに気をつけるとうまく貼れます。

■アイシャドウはアイテープを貼る前に!

アイメイクは、アイテープを貼る前に塗っておくのがおすすめ。

アイテープを使う時は、ダークカラーよりも明るめカラーの方が○。光が当たってもテカりにくいシャイニーなカラーだとバレにくいです。

ただし、アイテープにはアイシャドウの前に使えないタイプや、テープの上にアイシャドウをのせて使うタイプも。それぞれの商品の使い方に従うのが、きれいに仕上げるポイントです。

 

アイテープがバレないメイク方法

目を閉じるとアイテープがバレる!という方は、アイテープが目立たないようなメイクをマスターしてみましょう。

1.二重のラインにアイテープを貼ったら、すぐに上からアイシャドウをのせてアイテープをなじませます。

この時まぶたを擦るようにアイシャドウを塗ると、アイテープが取れやすくなるので要注意。アイシャドウブラシなどを使って優しくのせるのがおすすめです。

2.アイライナーで、二重のラインに沿ってアイラインを引きます。細いラインがあるだけで、目元がはっきりする効果あり。目を閉じた時に目立たないように、極力薄い色を使いましょう。

3.アイホール全体に、ラメ入りのアイシャドウをのせます。ほとんどのアイテープは肌色なので、ベージュやブラウンなどを使うと、よりナチュラルに仕上がります。

4.仕上げに、まぶたの油分を軽くティッシュオフします。油分が残っているとアイテープが浮く原因になるので、アイシャドウが落ちない程度に優しくオフしてください。

 

アイテープを使う時の注意点

手軽にパッチリ二重が叶うアイテープですが、使い過ぎはおすすめできません。

アイテープを貼っている時は、常に皮膚が引っ張られている状態。使う頻度が多いほどまぶたに負担がかかり、たるみの原因にもつながります。

癖付けのために寝ている間も使用している方もいるようですが、夜は外した方がベター。どうしても使いたい場合は、夜の使用を推奨しているタイプを使いましょう。

 

おすすめのアイテープ【1】Beauty World(ビューティーワールド) ナチュラルアイテープ

バンドエイドの素材が使われているアイテープ。仕上がりが非常にナチュラルで、メイクなしでも目立ちにくいのが人気の理由です。

肌なじみも良く、アイテープをつけていることを忘れてしまうほど。専用のスティックが付属しているので、使い方も簡単で初心者でもきれいな二重が完成。

あまり大げさな二重にしたくない方や、派手なメイクが苦手な方におすすめ。オフィスシーンにも役立つアイテープです。

 

おすすめのアイテープ【2】D-UP(ディーアップ) ワンダーアイリッドテープ エクストラ

数多いアイテープアイテムの中でもランキング常連のブランドですが、こちらの商品は水や汗に強いのが特徴。汗ばむ季節やスポーツをする時でも安心して使えます。

なんとテープの厚さは0.09mmと極薄!つけ心地も良く、両面テープがまぶたにしっかりと接着して理想の二重をキープできます。

付属のV字スティックを使えば、くっきりした二重ラインが完成。ナチュラルな目元に仕上がり、メイクのノリも良いので安心です。

 

おすすめのアイテープ【3】mezaik(メザイク) Free fiver(フリーファイバー) スタンダードタイプ

極細の粘着ファイバーを使ったアイテープ。肌に負担をかけることなく、自然な二重まぶたを作ることができます。

医療用として開発された極細ファイバーは、伸縮性があり立体的な二重が完成。まぶたにしっかり食い込んで、目を閉じても引きつる心配はありません。

なんとプールに入っても剥がれる心配がない超ウォータープルーフ処方!限りなく自然に近い二重に仕上がる優れものアイテムです。

mezaik(メザイク) Free fiver(フリーファイバー) スタンダードタイプ 120本入

¥1,650

販売サイトをチェック
 

おすすめのアイテープ【4】shefun(シーファン) メッシュ アイテープ

SNSでも話題の、メッシュタイプのアイテープ。素材は医療用テープで、肌に優しいのも大人女子に嬉しいポイントです。

粘着力や防水機能に優れているので、理想の二重が長時間持続可能。付属品も充実していて、他に何も用意する必要はありません。

サイズは「楕円」「半月太め」「半月細め」の3種類あり、まぶたに合わせて選ぶことが可能。使い方は非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

■shefun(シーファン) メッシュ アイテープ
定価:599(税抜)


アイテープで自然な二重を作ることができれば、コンプレックスも解消!ぜひご紹介した使い方やおすすめアイテムを参考にしてみてください。