LIFE STYLE

プロテインは飲みにくい?美味しい飲み方とおすすめをご紹介!

直訳すると、“たんぱく質”という意味を持つプロテイン。
ダイエットや筋力トレーニングに役立つものと言うことは何となくわかっていても、改めてプロテインとは何かと聞かれると首をひねってしまう人も多いのではないでしょうか。

また、効能などをわかったうえでプロテインを飲用していても、味が苦手で挫折してしまったという人もたくさんいるかと思います。

今回は、プロテインを飲むことで得られるメリットや効果的な飲み方、味が苦手な人のための美味しい飲み方などをご紹介します!

 

プロテインを飲むとどんなメリットがあるの?

プロテイン(protein)は、日本語で「たんぱく質」という意味を持ちます。

たんぱく質は、炭水化物と脂質を合わせ「三大栄養素」と呼ばれる、人間にとって欠かせない栄養素です。
血液や筋肉などを作る主な成分なので、トレーニングをして傷ついた筋肉をより強く修復するために必要不可欠な栄養素と言えます。

本来ならば、食物から摂取すべきたんぱく質ですが、必要量のたんぱく質を摂取するためにはかなりの量を食べる必要があります。
それに伴い、食事メニューの偏りや、カロリーの過剰摂取につながることがあり、ダイエットを気にしている方には特に不足しがちな栄養素なのです。

プロテインは、そのたんぱく質のみを効率よく摂取するために便利なアイテムで、食べ物では不足してしまいがちな必要摂取量を補うことができます。

さらに、製品ごとにプロテインの他に配合されている成分が異なるため、目的に応じて他の栄養素も一緒に摂取できることも大きなメリットです。

食事として摂取しようとすれば、同時に脂質を過剰摂取してしまうことが多いですが、たんぱく質を主成分とした食品であるプロテインには、そのような心配が要りません。

いつでもどこでもたんぱく質を摂取できるプロテインは、ダイエット中やトレーニングで鍛えた体にぴったりの食品なのです。

 

プロテインの種類について

ひとくちにプロテインと言っても様々な種類があるため、どのようなものがいいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

プロテインは大きく分けて3つの種類があり、それぞれに原料や特性が異なります。自分に合ったものを選ぶために、まずはプロテインの種類をチェックしていきましょう。

 

ホエイプロテイン

■ホエイプロテインの原料
牛乳に含まれるホエイ(乳清)という成分

■ホエイプロテインのメリット
アミノ酸が多く含まれているため、筋肉修復に高い効果が期待できます。淡白な味で飲みやすく、体内への吸収速度が早いため、胃腸に優しいことがメリットです。

■ホエイプロテインのデメリット
ソイプロテインに比べるとやや価格が高めです。乳糖が多く含まれるため、牛乳を飲んでおなかが痛くなる人にはあまり向きません。

■ホエイプロテインはこんな人におすすめ
トレーニングをして体を強く鍛えたい人に向いています。吸収スピードが速いので、傷ついた筋肉を素早く修復するため、トレーニング直後に摂取すると効果的です。

 

カゼインプロテイン

■カゼインプロテインの原料
牛乳に含まれるカゼインと言う成分

■カゼインプロテインのメリット
水溶性で吸収が早いホエイタイプと異なり、不溶性でゆっくりと吸収されることが特徴のプロテインです。満腹感をあたえ、それが持続するというメリットがあります。

■カゼインプロテインのデメリット
他のプロテインより高価であることが多いです。ゆっくり吸収されるため、素早くたんぱく質を補給したいときには不向きです。

■カゼインプロテインはこんな人におすすめ
就寝前のたんぱく質補給やダイエット中の間食、置き換えダイエットの目的で使用したい人に向いています。

 

ソイプロテイン

■ソイプロテインの原料
大豆のタンパク質

■ソイプロテインのメリット
カゼインプロテインと同様、ゆっくりと吸収されるため満腹感が続きます。イソフラボンも一緒に摂取できるため、美肌効果も期待できます。また、他のプロテインより安価に購入できることが多いです。

■ソイプロテインのデメリット
粉っぽい食感があり、飲みにくさを感じる人もいます。

■ソイプロテインはこんな人におすすめ
カゼインと同様、ダイエット中の間食や置き換えダイエットに使用するのに向いています。女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンの効果を期待できるため、ダイエット中の女性におすすめのプロテインです。

 

プロテインと混ぜるのにおすすめな飲み物

プロテインを飲むとき、水と一緒にコップに入れてスプーンなどで混ぜると、粉がダマになってしまい口当たりが悪くなることがあります。
美味しく飲むためには、専用のシェイカーを使用することがおすすめです。

ココアやヨーグルトなどの味付きプロテインであれば、水だけでも十分美味しく飲むことができます。
プレーンタイプのものは味に好き嫌いがあったり、飽きがきたりしてしまうことが難点なので、混ぜる飲み物に工夫してみましょう。

相性がいいのは牛乳や豆乳です。牛乳の場合は、余計なカロリーをとってしまうことが気になりますので、低脂肪乳や無脂肪乳などを選びましょう。

フルーツジュースやスポーツドリンク、ココアなどに混ぜても飲みやすくなります。朝食代わりにバナナなどのスムージーに混ぜて飲むこともおすすめです。


プロテインは、色々な飲み物に混ぜて飲めるということが魅力のひとつですが、使用するシーンに注意が必要です。
例えば、牛乳に混ぜた場合は吸収スピードが遅くなるため、すぐにたんぱく質を摂取したいときなどは不向きです。

逆に、間食代わりや就寝前のたんぱく質補給などにはおすすめです。ジュースやスポーツドリンクは吸収が早くなるため、トレーニング後などのスピーディーなたんぱく質補給に向いています。

 

飲み物だけじゃない♡プロテインを使ったおやつ

ダイエット中に無性に恋しくなる甘いもの。
我慢してストレスを溜めるくらいなら、プロテインを使ったおやつを食べて、美味しくたんぱく質を補給するのもいい方法です。

例えば、市販のわらび餅粉にプロテインを混ぜて作った“プロテインわらびもち”。
きなこをかけて食べれば、大豆のたんぱく質も同時に摂取できちゃいます。

さらに、おからクッキーやパンケーキの生地に混ぜて焼くなど、焼き菓子に混ぜ込んで焼くこともおすすめです。
飲み物でプロテインをとることに飽きてきたら、ぜひ試してみてくださいね。

 

おすすめの女性向けプロテインは?

市販されているプロテインには、女性向けのものも多く登場しています。

プロテインというと男性向けでムキムキになりそうなイメージがありますが、女性向けのプロテインなら安心ですね。

飲みやすいスムージータイプと、続けやすい粉末タイプをご紹介します。

■スムージータイプのプロテイン
女性用ダイエットプロテイン ファスタナは、熊田曜子さんが紹介していたことでも有名なプロテインスムージー。
ミックスベリーの爽やかな甘さで、置き換えダイエットにも使えます。チアシードやアサイーなどのスーパーフードが入っていて、美容面もカバーできるのがおすすめポイントです。

女性用ダイエットプロテイン ファスタナ


■粉末タイプのプロテイン
粉末タイプのプロテインでおすすめなのは、ジェシカズ・フォーミュラという、大豆由来のソイプロテイン。
作り方は、コップいっぱいの水にスプーン一杯を入れてシェイクするだけ。牛乳で作ると甘みのある味わいに、豆乳で作るとまろやかでコクのある味わいに仕上がりますよ。
また、1杯あたりの糖質が0.7gと低糖質なので、糖質オフダイエットにもオススメです。

ジェシカズ・フォーミュラ


どちらも全額返金保証なので、プロテイン初心者の方もぜひ参考にしてみてくださいね。


ただ何となく飲むだけでは、十分な効果が得られないプロテイン。
種類や吸収の仕組み、飲むと効果的なタイミングなど、ちゃんと知ったうえで飲用したいですね。

ダイエット中だけではなく、普段から積極的に摂取したいたんぱく質。手軽に取れるプロテインを上手に活用しましょう!