BEAUTY

鼻の下が長い!平均の長さや短くする方法、人中短縮メイクをご紹介

長い鼻の下に悩む女性は多いはず。鼻の下や鼻から口にかけて伸びる溝(人中)が長いと、のっぺりとした顔になりがちです。ここでは、鼻の下が長い人の性格や見た目の特徴と長い鼻の下を解消する方法、鼻の下を短くする整形やメイクをご紹介します。

 

鼻の下の平均の長さは何センチ?

鏡を見る女性

鼻の下が短いと、顔全体がキュッと引き締まって美人に見えます。反対に、鼻の下が長いと、顔が間延びしてのっぺりとした印象になることが多いです。では、鼻の下が何センチであれば、長いと思われるのでしょうか。まずは、鼻の下の平均の長さをチェックしてみましょう。

■日本人の鼻の下の長さ
日本人の鼻の下の長さの平均は1.5㎝。平均より長くても1.7㎝程度までであれば、それほど鼻の下の長さは目立ちません。

■顔のバランスによって鼻の下が短く見えることも
鼻の下が平均より長い場合も、顔のバランスによっては鼻の下が短く見えることがあります。例えば、上唇が分厚い人や顎が長い人は実際の長さに関係なく、鼻の下が短く見えやすいです。

 

鼻の下の理想の長さは何センチ?

最近は「美人は鼻の下が短い」「鼻の下が長い女性は惜しい顔」などと言われることが多いです。しかし、鼻の下が短くても口の下が長すぎると、顔全体のバランスが崩れて美人に見えません。

■鼻の下の理想の長さ
鼻の下の理想の長さは口の下の長さとの割合で決まります。鼻から上唇の長さと下唇から顎の長さが1:2であれば、バランスの整った美人であると思われるでしょう。

具体的には、鼻から上唇までの長さが1.5㎝の場合、下唇から顎までの長さが3㎝であれば、正面から見た顔も横顔も綺麗です。

 

鼻の下が長い人の見た目の特徴は?

鼻の下が長い人の見た目の共通点は次の通りです。

■顔が長く見える
鼻の下が長い人は顔の縦の長さが強調されるため、実際のサイズに関係なく、面長だと思われがちです。特に、鼻の下から口にかけて伸びる溝(人中)が深く、くっきりとしている人は顔が長く見えやすいでしょう。

■口元が目立つ
鼻の下が長い人は目がぱっちりとしていたり、鼻筋がスッと通っていたりしても口元に視線が集まります。出っ歯の人や歯並びが悪い人は鼻の下が長いせいでコンプレックスが強調されることも少なくありません。

 

鼻の下が長い人の性格の特徴は?

笑顔の女性

鼻の下が長い人には、性格にも共通する特徴があると言われています。

■大らか
人相占いでは、鼻の下が長い人は心が広く、大らかだと言われています。優しい人が多く、常に「人のために何かをしてあげたい」と考えているので、周囲の人と良好な関係を築ける傾向にあります。

■コミュニケーション能力が高い
鼻の下が長い人は人を楽しませるのが得意で、コミュニケーション能力が高いようです。たくさんの友達に囲まれていて、人気者の人が多いでしょう。

 

鼻の下が長い原因は?

考える女性

鼻の下が長くなるのは、どうしてなのでしょうか。鼻の下が長い原因を見ていきます。

■生まれつき
鼻の下の長さはある程度、遺伝で決まります。生まれつき鼻の下が長い人や両親、兄弟、親戚などの鼻の下が長い人は遺伝の影響が大きいでしょう。

■表情筋の衰え
顔の皮膚の下にある表情筋が衰えると、鼻の下が伸びることがあります。表情の変化が少ない人や猫背の人などは表情筋が衰えて鼻の下が長い可能性があるでしょう。

■老化
表情筋は年齢と共に衰えていきます。また、年齢を重ねれば、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンも減少します。表情筋が衰え、コラーゲンやエラスチンが減少すると、肌がたるみ、鼻の下が長くなることが少なくありません。

昔の写真と比べた時に今の方が鼻の下が長い場合は、老化で鼻の下が伸びたと考えられます。

 

長い鼻の下を解消する方法は?

 

長い鼻の下を解消する方法【1】鉛筆トレーニング

鉛筆トレーニングをする女性

口の周りの表情筋を鍛えると、肌のたるみを緩和できるので、長い鼻の下を解消できることがあります。整形で切らないで長い鼻の下を解消する方法をご紹介します。

鉛筆トレーニングは鼻の下の筋肉を鍛えて鼻の下を短くするのに効果的。口元のたるみに悩んでいる人にもおすすめです。

■鉛筆トレーニングのやり方
1.鉛筆を横向きにして鼻の下に当てる
2.鼻と唇の上の筋肉で鉛筆をキープする

慣れてきたら、鉛筆なしで同じようにトレーニングしてもOKです。

 

長い鼻の下を解消する方法【2】アヒル口エクササイズ

自力で長い鼻の下を短くしたい人にはアヒル口エクササイズも良いでしょう。アヒル口エクササイズはほうれい線対策にも効果的なので、老化を予防したい人にも向いています。

■アヒル口エクササイズのやり方
1.「ウ」と発音する時のように口を突き出す
2.口角を上げる

 

長い鼻の下を解消する方法【3】舌回し

舌を出している女性

舌回しは長い鼻の下を解消するだけでなく、口周りのたるみやむくみ、ほうれい線の緩和にも役立つエクササイズ。「鼻の下が短くなったように感じる」という声もあります。

■舌回しのやり方
1.口を閉じて歯の表面と唇の間に舌を当てる
2.そのまま右側に30回舌を回す
3.同じように左側にも30回舌を回す

 

長い鼻の下を解消する方法【4】整形

鼻の下が長いことに強いコンプレックスを感じている人は整形も一つの手段でしょう。長い鼻の下を解消する場合は「鼻下長短縮術」や「耳介軟骨移植」などの施術が適用されます。

■鼻下長短縮術
鼻の下の皮膚を切除して長い鼻の下を短くする施術。一度、手術をすると、元には戻せず、ブタ鼻になったり、傷口が目立ったりするリスクもあるため、しっかりと考えてから施術を受ける必要があります。

■耳介軟骨移植
耳介軟骨を鼻柱に移植し、鼻柱を下げることで長い鼻の下を短く見せる施術。物理的に鼻の下の長さが短くなるわけではないので、鼻下長短縮術と比べて効果は小さいですが、リスクも低いと言われています。

 

長い鼻の下を短く見せるメイク術「人中短縮メイク」

長い鼻の下はメイクでカバーできます。鼻の下を短く見せる「人中短縮メイク」のやり方をチェックしていきましょう。

■鼻の下にシェーディングを入れる
肌よりもワントーン暗いシェーディングをブラシに取り、鼻のすぐ下に入れます。鼻の下に影を作ることで、鼻と口の距離を短く見せられます。

■オーバーリップに
リップライナーを使い、実際の唇よりも1㎜程度オーバーに唇の輪郭を取りましょう。内側を埋めるようにリップを塗ると、唇がふっくらとして長い鼻の下が短く見えます。

■上唇の山部分にハイライト
仕上げに上唇の山部分に少量だけハイライトを入れます。ハイライトで光が集まると、口元にメリハリが出て長い鼻の下の間延びした印象をカバーできます。


鼻の下が長いことに悩む人は多いはず。鼻の下が長い人はトレーニングで口元の筋肉を鍛えましょう。メイクで長い鼻の下を隠すのもおすすめです。