BEAUTY

日本人女性の胸囲の平均は?正しい測り方と胸囲を増やす方法も!

「もしかして、自分は胸囲が小さい?」などと悩んでいる女性は多いはず。胸囲が小さいと、貧乳に思われてしまいます。ここでは、日本人女性の胸囲の平均と、胸囲を平均に近づけるトレーニングやマッサージのやり方をご紹介します。

 

胸囲の正しい測り方

胸囲を測る女性

胸囲はバストアップやダイエットの目標を設定したり、下着や服を買ったりする時の基準になるもの。しかし、身長や体重と違い、自分の胸囲を正しく把握していない女性は少なくありません。まずは、正しい胸囲の測り方を見ていきましょう。

■基本の測り方
胸囲は胸の周りの寸法のこと。女性の場合、バストの最も高い位置にメジャーを回して測定します。一般的には、服を着用せずに、ノーブラで胸を持ち上げながら測ります。

■バストが大きい場合や垂れている場合
バストが大きい人や垂れている人は、胸を持ち上げながら胸囲を測るのが難しいです。上手く胸を持ち上げられない場合は、着け心地の良いパッドなしブラジャーを着用し、メジャーで測定しましょう。

■胸囲を正しく測るポイント
胸囲を測る時は次のポイントを押さえておきましょう。

・メジャーで締め付けすぎない
メジャーをきつく当てると、胸囲を正しく測れません。メジャーは肌に食い込まないように当てましょう。

・メジャーを床と平行にする
胸囲を測る際は、メジャーを床と平行に当てましょう。全身鏡でチェックしながら測ると、失敗が少ないです。

・背筋を伸ばし、腕を下ろす
猫背で胸囲を測るのはNG。背筋を伸ばし、腕を自然に下ろした状態でメジャーを当てましょう。

 

日本人女性の胸囲の平均は?

「もしかして自分って貧乳?」「みんなよりも胸が大きい気がする」などと疑問を持っている女性は多いはず。しかし、周りの人に胸囲を尋ねるのは難しいです。自分の胸囲を客観的に判断したい時は、平均と比べてみましょう。

日本人女性の胸囲の平均はおよそ80㎝。胸囲の平均は年齢によってほとんど変わらないため、年配の女性の多くが若い頃と同じくらいの胸囲をキープしていると考えられます。

ちなみに日本人女性の平均身長は約158㎝、平均体重は約54㎏、平均腹囲は約73㎝なので、胸囲と共にこれらの数値を比べると、自分がどんな体型をしているのかわかるでしょう。

 

胸囲と合わせてチェック!ブラジャーのサイズの測り方

女性なら、胸囲とともに知っておきたいのがブラジャーのサイズについて。日本人女性の多くが自分のブラジャーのサイズを間違えていると言われているので、正しい測り方を確認してみましょう。

■アンダーバストの測り方
アンダーバストはバストの膨らみの真下。胸囲と同じく、メジャーを床と平行に当て、姿勢を正して測ります。

■カップサイズの求め方
Aカップ、Bカップなどのカップサイズは、胸囲(トップバスト)とアンダーバストの差です。差が10.0㎝の場合はAカップで、その後は2.5㎝刻みでカップサイズが上がります。

・10.0㎝:Aカップ
・12.5㎝:Bカップ
・15.0㎝:Cカップ
・17.5㎝:Dカップ
・20.0㎝:Eカップ
・22.5㎝:Fカップ
・25.0㎝:Gカップ

日本人女性のカップサイズの平均はCカップ程度だと考えられています。

 

胸囲を平均サイズに増やす方法【1】胸に良いものを食べる

胸囲を増やしたい人におすすめのキャベツ

女性の場合、胸囲が平均よりも低いと、貧乳だと思われます。胸囲を平均サイズまで増やして女性らしいボディをゲットしたい人は、胸に良い栄養素を含んだものを食べましょう。

■大豆・大豆製品
大豆や豆乳、豆腐などは筋肉を作るタンパク質の他に、女性ホルモンの働きをサポートするイソフラボンをたっぷりと含んでいます。女性ホルモンの働きが活発化されると、乳腺が発達して胸に脂肪が付きやすくなるため、胸囲が大きくなるでしょう。

■キャベツ
女性ホルモンの働きを助けるボロンが豊富です。腸の調子を整える食物繊維も含まれているため、便秘によるぽっこりお腹を引っ込めて、胸囲と腹囲の差を強調したい人にも良いでしょう。

 

胸囲を増やしたい人におすすめのレシピ▶厚揚げと舞茸の豆乳スープ

豆乳や厚揚げを使ったスープは、タンパク質やイソフラボンを摂って胸囲を平均まで増やしたい人にぴったり。ポカポカと体が温まるので、血行促進効果も期待できるでしょう。
舞茸はタンパク質やビタミン、食物繊維が豊富で、体の調子を整えてくれます。

 

胸囲を平均サイズに増やす方法【2】大胸筋のトレーニング

胸囲を増やしたい人におすすめの壁腕立て伏せ

大胸筋はバストの下にある筋肉。大胸筋を鍛えると、胸に厚みが増して胸囲が平均に近づきます。また、大胸筋はバストを支える役割を担っているので、トレーニングを行えば、胸の下垂予防にも繋がるでしょう。

■合掌ポーズ
1.バストの前で両手を合わせる
2.左右から力を入れて10秒間キープ
3.3回繰り返す

■壁腕立て伏せ
1.壁の前に立ち、背筋を伸ばす
2.両手を肩幅に開いて壁につける
3.両手を曲げ伸ばしする
4.15回×3セット繰り返す

大胸筋のトレーニングを行う時は、胸を揺らさないようにスポーツブラを使いましょう。

 

胸囲を平均サイズに増やす方法【3】ヨガ

ヨガは大胸筋を刺激するだけでなく、体をリラックスさせてホルモンバランスを整えたり、姿勢を矯正して血行を促したりします。血行が良くなれば、胸の細胞に栄養素や酸素が運搬されて老廃物が排出されるため、胸囲が増えやすくなります。

ヨガにはさまざまなポーズがありますが、胸囲を平均サイズにしたい人には魚のポーズがおすすめです。

■魚のポーズのやり方
1.仰向けに寝転び、両腕を伸ばす
2.手のひらを床につけて両腕を体の下に置く
3.肘で床を押し、首から背中を持ち上げる
4.頭のてっぺんが床に付いたら5呼吸キープする

ヨガをする時もスポーツブラを使ってください。

 

胸囲を平均サイズに増やす方法【4】ストレッチ

胸囲を増やしたい人におすすめのストレッチ

猫背や運動不足などで大胸筋が凝り固まっていると、血液やリンパがスムーズに循環せず、胸に栄養が届きません。胸囲を平均サイズにしたい人はストレッチで筋肉をほぐし、バストアップしやすい環境を整えましょう。

■大胸筋のストレッチ
1.長めのタオルの両端を左右の手で掴む
2.タオルを持ち上げ、両手を伸ばす
3.タオルが背中の後ろにくるように腕を曲げる
4.限界までタオルを下ろす
5.ゆっくりと息を吐きながら30秒間キープする
6.3セット繰り返す

大胸筋のストレッチはリラックスした状態で行いましょう。好きな音楽を流したり、アロマを使ったりして心身を落ち着けると、血行が促進されます。

 

胸囲を平均サイズに増やす方法【5】マッサージ

胸囲を増やしたい人におすすめのバストマッサージ

バストのマッサージは血行促進に効果的。乳腺を刺激したり、胸の形を整えたりする効果もあると言われています。お風呂上りなどの体が温まったタイミングでマッサージをして胸囲を平均に近づけましょう。

■バストのマッサージ
1.鎖骨の下をほぐす
2.右胸と脇の境目をクルクルとマッサージする
3.左手で右胸を理想の高さまで持ち上げる
4.脇からはみ出た脂肪を右手で胸に寄せる
5.右手で右胸を持ち上げる
6.左手で脇から中央にかけて胸を寄せる
7.反対側も同様にマッサージする

イソフラボンなどのバストに良い成分が配合されたクリームを使ってマッサージをすると、効果がアップするでしょう。

 

胸囲を平均サイズに増やす方法【6】生活習慣の見直し

部屋でリラックスしている女性

バストの大きさは生活習慣とも大きく関係しています。胸囲を平均サイズに増やしたいなら、トレーニングやマッサージと並行して生活習慣の見直しも行いましょう。

■姿勢の矯正
猫背になっていると、血行が悪くなったり、大胸筋が衰えたりします。スマホやパソコンを操作する時間が長い人は猫背になりやすいので、意識的に姿勢を正しましょう。

■ストレスの発散
ストレスが溜まると、女性ホルモンのバランスが乱れて胸の成長が妨げられます。胸囲を平均に近づけたい人は趣味を楽しんだり、軽い運動をしたりしてストレスを発散させてください。

■良質な睡眠を取る
睡眠不足になると、バストの成長が妨げられます。規則正しい生活を送り、体に合った寝具を使って質の良い睡眠を取りましょう。

冷えを予防する
冷えは血行不良に繋がります。冷え性の人は温かい飲み物を飲んだり、保温機能付きのインナーを着たりして対策しましょう。


日本人女性の胸囲の平均は80㎝程度。これより胸囲が小さいと、貧乳だと思われます。女性らしいボディをゲットしたい人はトレーニングやマッサージ、生活習慣の見直しなどでバストアップを目指しましょう。