BEAUTY

痩せる飲み物は?ダイエット中に効果的なドリンクとおすすめの飲み方

ダイエットをするには運動を取り入れたり、食事制限をするなどさまざまな方法があります。しかし日常的な水分補給においても、痩せる効果を助ける飲み物で効率を高めたいところ。今回はそんなダイエット期間中におすすめの飲み物をご紹介します。

 

痩せる飲み物のポイントは配合成分

デトックスウォーター

「痩せる飲み物」とは、脂肪燃焼を助ける効果の高い飲み物を指します。ダイエットを効率的に行うことができ、実践中の人にとってもうれしい存在です。

痩せる飲み物としてポイントになるのは、含まれている成分です。ダイエットに必要な成分を飲み物で積極的に摂取することで、脂肪を燃焼しやすい体内環境にしてくれるのです。

ダイエットに効果的といわれている成分として代表的なのが、ミネラルをはじめとしてカテキンやカフェイン、リコピンなどがあげられます。これらの成分は体内の脂肪蓄積を抑え、新陳代謝を高めるなどの効果が期待できます。

その他、満腹感を感じやすい飲み物は、ダイエット中の空腹を補う効果もあるとされています。種類によっては美容や痩せやすい効果も期待できるので、痩せる飲み物として用いられています。

整腸作用が高いとされている、食物繊維や乳酸菌が含まれた飲み物も痩せる飲み物として広く知られています。ダイエット中は便秘などを起こしやすい人が多いため、腸内環境を整える飲み物は重要です。

 

おすすめの痩せる飲み物①豆乳

豆乳

豆乳は言わずと知れた、ダイエットの強い味方。最近ではスーパーやコンビニでも手に入り、果物や野菜エキスを加えたアレンジ商品も豊富です。

豆乳には大豆イソフラボンやサポニン、レシチンといった成分が配合されています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることで知られており、新陳代謝を促進したりお肌や髪の健康を保つといわれています。女性特有の生理痛の緩和にも有効なのだそう。

サポニンは血中にある中性脂肪を中和する働きで、肥満を予防するといわれています。そしてレシチンは体内の悪玉コレステロールを減らす作用があるといわれています。

豆乳には痩せる効果を助ける成分が豊富で、良質な大豆たんぱく質もたっぷりなので、筋肉を効率よく作ってくれます。飲むと腹持ちもいいので、ダイエットにピッタリの飲み物として代表的。一日に約300mlを目標に飲むのが効果的です。

 

おすすめの痩せる飲み物②ミネラルウォーターや炭酸水

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターには、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。これらは食事で得た栄養分やカロリーを、エネルギーへと変換しやすくする作用があり、体内に脂肪として蓄積させないよう働きかけるといわれています。

しかもミネラルウォーターの水分は血行促進を助け、新陳代謝をアップするといわれています。このため痩せる飲み物として最もポピュラーといえるでしょう。

ミネラルウォーターに炭酸ガスを加えた炭酸水も、ダイエットを助けてくれる飲み物として優秀です。炭酸ガスは血中の酸素濃度を高くし、全身に血液を巡らせる助けになるといわれています。そして炭酸水は満腹感も高まるので、食事量を抑えることも可能です。

ミネラルウォーターを選ぶ際は硬水タイプを、炭酸水は糖分が含まれていないものがおすすめ。どちらも1日に4~5回に分けて、約200mlずつ飲むのが良いです。

 

おすすめの痩せる飲み物③トマトジュース

トマト

トマトに含まれるリコピンは、体内の活性酸素を抑える作用があるとされる成分。活性酸素とは老化の原因を作るとされており、生活習慣病の要因としても知られています。

リコピンにはその活性酸素を減らし、脂肪吸収を抑え代謝アップに働きかけるといわれています。このためリコピンを効率よく摂取できるトマトジュースは、痩せる効果を助ける飲み物でもあります。

トマトジュースをダイエットに摂り入れる際は、毎朝200ml程度を飲むのがおすすめ。トマトには食物繊維も含まれているので、整腸作用を助ける効果も期待できます。

 

痩せる効果を助ける飲み物④緑茶

緑茶

近年ダイエット飲料として人気の高い商品には、茶カテキンが含まれているものがあります。緑茶に含まれている成分で、ポリフェノールの一種。お茶を飲んだ時に感じる渋みが茶カテキンです。

茶カテキンには体内で蓄えられる脂肪を分解する力があり、食事などで生成される脂肪の蓄積も抑える作用があるといわれています。このため、緑茶単体でも痩せる助けになるといわれていますが、運動を取り入れることで効率よく痩せることが可能といわれています。

緑茶で痩せる効果を期待するのであれば、食事中に摂取するのが良いでしょう。運動中に取り入れても有効に働きます。

 

おすすめの痩せる飲み物⑤飲むヨーグルト

ヨーグルト

飲むヨーグルトは、液状のヨーグルトのこと。ヨーグルトとほぼ変わらない乳酸菌の量が含まれているので、整腸作用を期待できます。

乳酸菌とは腸内で善玉菌として作用するため、腸内の悪玉菌を減らし毒素などを排出しやすくします。このため便通を良くして、腸内環境を整える力があるとされています。

しかも乳酸菌には免疫力を高めたり、中性脂肪や血中コレステロールを下げる作用もあるといわれています。飲むヨーグルトは、痩せる体を作りやすい飲み物としても高い注目を集めているのです。

飲むヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃液に弱いため、摂取する際は食後が好ましいです。できるだけ糖分の少ないものを選ぶのが良いでしょう。

 

おすすめの痩せる飲み物⑥コーヒー

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインはリパリーゼという消化酵素の働きを活発化させると考えられています。リパリーゼは脂肪を代謝する酵素です。そのため、カフェインを摂ってリパリーゼの働きが活発化すると、脂肪の燃焼を期待できます。

さらに、コーヒーには強い抗酸化力を持つクロロゲン酸も含まれています。クロロゲン酸には、脂肪の蓄積を抑える働きがあるので、コーヒーを飲むと、痩せにくくなるでしょう。

また、コーヒーには利尿作用もあります。コーヒーを飲んで尿が出ると、余分な水分や老廃物の蓄積が原因で起こるむくみが解消されるため、脚や顔がほっそりとしたように感じられることも多いです。

なお、カフェインやクロロゲン酸の吸収率はホットで飲んだ時の方が高まります。そのため、ダイエット目的の人はアイスコーヒーではなく、ホットコーヒーを飲むのがおすすめです。

また、コーヒーは少しずつ飲むことも大切です。一度に飲みすぎると、胃腸などに負担がかかるので、少量を一日3~4回に分けて飲むと良いでしょう。

 

おすすめの痩せる飲み物⑦ココア

ココア

脂肪が蓄積されそうなイメージのココアも実はダイエットにおすすめの飲み物です。ココアに含まれるカカオポリフェノールは強い抗酸化力を持っています。そのため、活性酸素によって傷ついた細胞の働きを助け、代謝を高める効果を期待できるのです。

また、カカオポリフェノールは脂肪分解酵素の働きを妨げる働きを持っています。脂肪分解酵素の働きが抑制されれば、脂肪が蓄積されにくくなるので、太りにくい体質になれるでしょう。特に、食事の後にココアを飲めば、脂肪の吸収を抑えるのに効果的です。

さらに、ホットココアには血流を改善する効果もあると言われています。血流が良くなれば、代謝が上がるので、運動や食事制限の効果も現れやすくなるでしょう。

ただし、ココアを飲むときは、できるだけミルクや砂糖を使用しないのがおすすめです。ミルクや砂糖を入れると、カロリーが高くなるので、ダイエット中の人はブラックココアを飲みましょう。

 

おすすめの痩せる飲み物⑧グリーンスムージー

グリーンスムージー

グリーンスムージーとは緑の野菜とフルーツなどを使ったスムージーです。野菜やフルーツは栄養価が高く、脂肪の燃焼を促すビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているため、健康に痩せる効果を期待できます。

また、グリーンスムージーに使われる野菜やフルーツには食物繊維も豊富です。食物繊維を摂ると、腸内環境が改善されて便通が良くなるので、便秘によるポッコリお腹が解消されて、代謝も上がるでしょう。

グリーンスムージーはおやつに飲むのも良いですが、置き換えダイエットに使うのもおすすめです。例えば、朝ごはんをグリーンスムージーに置き換えれば、消費カロリーを大幅にカットできるので、ダイエット効果を期待できます。

ただし、置き換えダイエットは体に負担をかけます。慣れない間は無理をせず、小腹が空いた時におやつとしてグリーンスムージーを飲むのも良いでしょう。

 

おすすめの痩せる飲み物⑨烏龍茶

烏龍茶

烏龍茶に含まれる烏龍茶重合ポリフェノールには、中性脂肪を付きにくくする作用があります。そのため、烏龍茶を飲んでいると、太りにくいです。

また、烏龍茶には抗酸化力の高いサポニンという成分も含まれています。サポニンには、食事に含まれる油分を分解したり、脂質の生成を抑えたりする働きがあるので、烏龍茶を飲めば、油っぽい食事を摂っても脂肪が蓄積されにくいです。

さらに、烏龍茶に含まれるテニアンはストレスを和らげる作用があると考えられています。ダイエット中は食事制限や体重管理などでストレスが溜まりやすいですが、ストレスを溜めすぎると、暴飲暴食などの危険も高まります。

ダイエットでストレスを感じている人は、ゆっくりと烏龍茶を飲んで、ストレスを和らげ、ダイエットに対するモチベーションを高めると良いでしょう。

ただし、烏龍茶の飲み方には注意が必要です。空腹時や起床後すぐに烏龍茶を飲むと、胃腸が刺激を感じることがあるので、烏龍茶は食後などに飲むことをおすすめします。

 

おすすめの痩せる飲み物⑩白湯

やかんからお湯を注ぐ女性

白湯もダイエットに効果的だと考えられています。白湯を飲めば、体が温まって血行が良くなり、内臓の働きが活発化されます。内臓の働きが活発化されると、代謝が高まるため、痩せやすい体質になれるのです。

さらに、白湯には利尿作用もあります。白湯を飲んでむくみが解消されると、体がほっそりとするでしょう。尿と一緒に不要なものが体から排出されれば、ダイエットだけでなく、美肌にも効果を期待できます。

白湯に使う水は水道水で構いません。時間がある人はやかんで白湯を作るのがおすすめですが、忙しい人はレンジで水を温めるだけでもダイエット効果を高められるでしょう。

白湯を飲むタイミングはいつでも良いですが、朝に時間をかけて飲めば、内臓の働きが良くなって、すっきりとした気分で一日をスタートさせられます。


痩せる飲み物は、痩せやすい体環境にするためのものです。飲むだけで痩せることはないので、食事や運動などをしっかり取り入れてダイエットを実践するのが良いでしょう。そしてこまめに摂取し、痩せやすい成分をしっかり体内に摂り入れることもポイントです。